十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

過去ログ

『仰向けのカメ』

 釣りをしようと青年が浜辺に向かった時の話です。

 ふと海岸沿いに目をやると、小ぶりな岩が不自然な場所に転がっているのを青年は見つけました。
 その岩に近づくと、どうやらそれは岩ではなく、一匹のカメでした。しかもそのカメは、仰向けになっていたのです。
 もしかしてと、恐る恐る青年が近づくとカメが言葉を発しました。

「余計なお世話だよ」

 岩がしゃべったような低い声でした。

「すみません」

 思わず謝った青年は、カメのひっくり返った顔をのぞき込みながら聞きました。

「何かあったんですか?」

「あんたには関係ない」

 そう一蹴されると、流石の青年も言葉を返せません。

 カメはいったいどうして、このような状態でいるのでしょうか。青年は考えました。

 カメは自分の力だけでは、仰向けになることはできません。何か別の力が加わったことは間違いありませんでした。しかし、カメの周囲には現在青年しかいません。そうなると考えられるのが、海の波にさらわれひっくり返ってしまったか、あるいは誰かの手によってひっくり返されてしまったのか。

 青年は後者の可能性を考えました。もうすでに、辺りに人影はありませんでしたが、このカメはいたずらっ子の手によってひっくり返されてしまった。しかしカメもプライドが高く、「助けてほしい」と言えないでいるのだろうと。

 このプライドの高いカメをどうしたら救ってあげられるか、青年は知恵を絞りました。

「カメさんの、甲羅って重そうですよね」

「……それが、何だって言うんだ。人間のあんたなんかにわかってたまるか」

「だから今、休憩されているんじゃないんですか?」

 ふんっと鼻を鳴らすカメ。どうやら青年の考えていることで間違っていないようです。ただ、青年が色々と考えを巡らせ、カメが元通りになるためのきっかけを作ってあげようとしたのですが、カメは頑なに仰向けの状態から動こうとはしませんでした。

 そこで青年は、はっきりとカメに対して苦言を呈することにしました。

「そこまで意固地にならなくたって良いじゃないですか。確かに悪いのは僕ら人間かもしれません。でも人間の中には良い人だっている。困った時はお互い様ですよ。それに僕は見返りなんて求めませんし、ただあなたを助けたいって――」

 するとその瞬間、いつの間にか満ちてきていた海の小波にカメは襲われ、その勢いとともに、くるんとカードがめくれるように元に戻りました。

「カメだからと言ってのろまだとか、一匹じゃ何もできないとか、いじめられているんじゃないだとか。人は見た目だけで早計に判断しすぎだ。もっと物事の本質を見極められる力を身につけてから、『助けたい』と口にするべきだ」

 そう言い残して去って行くカメの甲羅は、それはとてもとても綺麗なものでした。

『カワナイウラナイ師』

「あなたは数ヶ月後、素敵な男性と巡り会うでしょう。大丈夫、安心して。ほら、この水晶を持っていれば、あなたを救ってくれるわ」


「なるほど……。確かにあなたの波動から影を感じるわ。この影……金銭面で何かお困りではないですかね」


「このカード。月は太陽と正反対の存在でありながら、恍惚と光を放つ。それはつまり、あなたは彼の存在がなければ、光り輝くことができないの。彼の手、離しちゃダメよ」


 水晶からの覗くその瞳は、真っ暗な深淵を映し出しているようだった。

 お客は皆、誰しも心に闇を抱えている。その闇に光を点すのが私の役目。光は何だって良い。太陽のような眩しく大きいものから、豆電球のようなものまで。お客が満足すればそれで良いのだ。

 今日もまた一人、闇を抱えたお客がやってきた。

「どうされましたか?」

「……実は、死のうと思うんです」

 闇が深い。だからといって私は動揺はしない。こういった闇深いお客も時々存在する。まだ、私に頼ってきてくれただけでも救いようがあった。

「そうなのですね。それでは、あなたのお悩み、解決まで導いて差し上げましょう」

 私のひと言で、お客の瞳に小さな小さな光が点った。

「これを、あなたに差し上げます」

 米粒ほどの小さな水晶の付いた指輪。これはとても値が張るもの。だからといって高額な価格で売りつける事はしないし、極めて闇深いお客だけに見せているものではない。

 私に相談しに来たお客、全てに対して見せている。

 とはいえ、この指輪にスピリチュアルな力はない。

 だからこそ、私は指輪を見せる際、こう言葉を付け加えるのだ。

「――大切なのは、あなた心にある信念です。それは人から売っても買ってもいけない。自分自身で作り上げ、一生大切にする。この指輪には、その信念を作りだし宿す力があるのです。もう大丈夫」

 いったい何が大丈夫なのか。お客は大抵そういう顔をする。

 そこで私は微笑むのだ。微笑むと言っても実際に笑うのではない。言葉で微笑むのだ。

「これは私からの気持ちです。あなたにこれが必要だと思うからこそ、差し上げるのですよ。私は、私に相談しに来てくださる方、皆さんに幸せになってほしいと心から願っております。だから信じてください。信じる力が指輪の本来の力を発揮する原動力にもなりますよ」

 お金は闇にまみれている。

 闇は闇を引き寄せ、深淵へと引きずり込む。

 私は商売をしているつもりはない。

 ただ、闇を恋しく思うだけ。

 だからこそ、私の元を訪れるお客は後を絶たない。

『夢に夢見る』

 今日の真崎は、少し陽気に見えた。

「なあ、知ってるか」

「いや、知らん」

「ちょっと待てって、まだ何も話してないだろ」

「お前が『知ってるか』って言って始める話は、大抵きな臭い話だからな」

 苦笑いを浮かべる真崎を尻目に、俺は書きかけの課題レポートに取りかかる。

「まあ、いいから聞いてくれ」

 慣れた様子で俺の隣の席に座った真崎は、声を細め俺だけに聞こえるように語り出した。

「○○駅の近くに自動販売機が置いてあるの知ってるだろ。その自動販売機のジュースを、左上、右下、右上、左下っていう順番に4本飲み物を買うと、おまけで1本、本来売ってないジュースが出てくるらしいんだよ」

「ただの噂だろ」

「それが本当なんだよ。おれ、昨日実際に試してみたんだから」

「暇だな」

「いいから、まだこの話には続きがあるから聞いてくれ」

 真崎はそう言うと、一度つばを飲み込んでから何か覚悟を決めたかのように真剣な顔で言った。

「そのジュース、実は寿命が延びる魔法のジュースなんだよ」

「やっぱり、そんなやつか」

「まあまあ。でもな、その魔法のジュースは必ず出てくるとは限らない。確率は二分の一。外れもあって、外れは真逆の猛毒が入ってるジュースらしい。出てきた缶のパッケージだけじゃ判断できないから、正直、実際に飲んでみないとわからないんだよ」

 そこで俺はようやく重要なことに気づいた。

「おいちょっと待て、お前さっきそれ試してみたって言ってなかったか?」

「ああ、そうだよ」

「それじゃ、お前が今生きてるって事は、魔法のジュースってやつを当てて飲んだのか?」

 すると、よくぞ聞いてくれたと言わんばかり笑みを浮かべ、真崎は胸を張った。

「そうさ。おれは魔法のジュースを飲んだのさ。これでおれは長生きできる。二分の一の賭けに勝ったんだよ」

 鼻を鳴らした真崎は、大きく自分の胸を叩いた。

 ――賭け、ねえ。

 自らの命を、そう易々と賭けられるものなのだろうか。俺は真崎の話そのものを訝しんでいた。

「何か変化はあったのか?」

 興味はないが、少しでも話に乗ってやらないと、真崎は逆にしつこくなるので、俺は敢えて前屈みになった。

「それが、風邪が治った」

「……はあ」

「いや、それだけじゃない。いつのまにか虫歯もなくなっていたし、目も少しだけ良くなったきがするんだ」

 俺は真崎に向かって手を振る。どうやら、こいつの目の前はお花畑が広がっているようだ。

 そもそも、真崎が虫歯になったと聞いたのは2年ほど前。視力だって元々2.0以上あったはず。風邪に関しても、真崎が体調を崩して寝込んでいる姿を見たことがなかった。

 結局、プラシーボ効果ってやつだろう。

 仕方なく俺は、真崎を現実世界に戻してあげることにした。

「なあ、真崎。お前が飲んだのは、他の物とは何も変わらない、ただのジュースだ。4本買ったら1本おまけがついてくるっていう自販機の設定だよ。それに余計な尾びれがついて、ただの噂として流れ出したってことだ」

 すると、真崎は人が変わったかのように、真剣な面持ちで言葉を返してきた。

「お前の話はつまらないね。どうせなら夢を見て死んだ方が、良いに決まってる。これは現実逃避じゃない。現実回避だよ。現実には限界があるが、夢は無限だ。その夢に夢見るから現実の科学者は、魔法使いに憧れるんだ」

 そう言って、真崎は席を立った。

 真崎の姿が見えなくなった頃「おれは伝説になる!」と、どこかで聞いたことあるような台詞が聞こえてきた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。