十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

過去ログ

『夢に夢見る』

 今日の真崎は、少し陽気に見えた。

「なあ、知ってるか」

「いや、知らん」

「ちょっと待てって、まだ何も話してないだろ」

「お前が『知ってるか』って言って始める話は、大抵きな臭い話だからな」

 苦笑いを浮かべる真崎を尻目に、俺は書きかけの課題レポートに取りかかる。

「まあ、いいから聞いてくれ」

 慣れた様子で俺の隣の席に座った真崎は、声を細め俺だけに聞こえるように語り出した。

「○○駅の近くに自動販売機が置いてあるの知ってるだろ。その自動販売機のジュースを、左上、右下、右上、左下っていう順番に4本飲み物を買うと、おまけで1本、本来売ってないジュースが出てくるらしいんだよ」

「ただの噂だろ」

「それが本当なんだよ。おれ、昨日実際に試してみたんだから」

「暇だな」

「いいから、まだこの話には続きがあるから聞いてくれ」

 真崎はそう言うと、一度つばを飲み込んでから何か覚悟を決めたかのように真剣な顔で言った。

「そのジュース、実は寿命が延びる魔法のジュースなんだよ」

「やっぱり、そんなやつか」

「まあまあ。でもな、その魔法のジュースは必ず出てくるとは限らない。確率は二分の一。外れもあって、外れは真逆の猛毒が入ってるジュースらしい。出てきた缶のパッケージだけじゃ判断できないから、正直、実際に飲んでみないとわからないんだよ」

 そこで俺はようやく重要なことに気づいた。

「おいちょっと待て、お前さっきそれ試してみたって言ってなかったか?」

「ああ、そうだよ」

「それじゃ、お前が今生きてるって事は、魔法のジュースってやつを当てて飲んだのか?」

 すると、よくぞ聞いてくれたと言わんばかり笑みを浮かべ、真崎は胸を張った。

「そうさ。おれは魔法のジュースを飲んだのさ。これでおれは長生きできる。二分の一の賭けに勝ったんだよ」

 鼻を鳴らした真崎は、大きく自分の胸を叩いた。

 ――賭け、ねえ。

 自らの命を、そう易々と賭けられるものなのだろうか。俺は真崎の話そのものを訝しんでいた。

「何か変化はあったのか?」

 興味はないが、少しでも話に乗ってやらないと、真崎は逆にしつこくなるので、俺は敢えて前屈みになった。

「それが、風邪が治った」

「……はあ」

「いや、それだけじゃない。いつのまにか虫歯もなくなっていたし、目も少しだけ良くなったきがするんだ」

 俺は真崎に向かって手を振る。どうやら、こいつの目の前はお花畑が広がっているようだ。

 そもそも、真崎が虫歯になったと聞いたのは2年ほど前。視力だって元々2.0以上あったはず。風邪に関しても、真崎が体調を崩して寝込んでいる姿を見たことがなかった。

 結局、プラシーボ効果ってやつだろう。

 仕方なく俺は、真崎を現実世界に戻してあげることにした。

「なあ、真崎。お前が飲んだのは、他の物とは何も変わらない、ただのジュースだ。4本買ったら1本おまけがついてくるっていう自販機の設定だよ。それに余計な尾びれがついて、ただの噂として流れ出したってことだ」

 すると、真崎は人が変わったかのように、真剣な面持ちで言葉を返してきた。

「お前の話はつまらないね。どうせなら夢を見て死んだ方が、良いに決まってる。これは現実逃避じゃない。現実回避だよ。現実には限界があるが、夢は無限だ。その夢に夢見るから現実の科学者は、魔法使いに憧れるんだ」

 そう言って、真崎は席を立った。

 真崎の姿が見えなくなった頃「おれは伝説になる!」と、どこかで聞いたことあるような台詞が聞こえてきた。

『白馬の王様』

 とある小さな国の王様は、毎日自慢の白い愛馬に乗って散歩をするのが日課でした。
 最初は気分転換のつもりで始めた散歩だったのですが、いつしか国中の民のご機嫌伺いとなり、王様にとっては国の内情を肌で感じることができる良い機会でもありました。

 そんなある日、いくら援助をしても、貧しいままでいる村があるという噂を耳にして、王様は国の外れにあるその村を訪れました。そこで、道端に座り込む一人の村人に声をかけました。

「お主、この村で困っていることは何かあるか?」

 その問いかけに、村人は震えながら答えます。

「いいえ、王様。私たちの村はすでに国から様々な褒美をいただいておりますゆえ、これ以上望むものなどありません」

「それはまことか。ではなぜ、お主の身なりはそれ程までに貧相なのだ?」

「これは、戒めです。私たちにとって贅沢は毒。毎日ご飯を頂けるだけで十分なのです」

 贅沢は毒。その言葉が王様にとっては驚きで、そういった考えを持つ人がいることが不思議に思いました。そこで、三度問いかけます。

「それでは、お主にこの私の馬はどう見える?」

 白く宝石のように輝く毛並みの白馬。村人が近づくことさえできないほどに、神々しいオーラを放っています。

「私には、王様のものをどう見えるのかとお答えすることは、大変失礼に当たります。ですから――」

「構わん。申してみろ」

 王様の言葉に、村人は一度つばを飲み込み、意を決して口を開いた。

「……そうですね、私には骨のようにしか見えません。ああ、ですがとても太くて立派な骨です」

 そう言われ、王様は改めて自慢の愛馬を見つめます。

「どこの馬の骨ともわからんやつに言われてしまったな」

 すると、王様の言葉に白馬が応えました。

「わたしは構いません。もう老馬ですから。とはいえ彼の言葉をしっかりと心に留めることが大切ですよ。あなたは馬ではないのですから、念仏もしっかりと届いているのでしょう」

「くらむ」

「……ねえ、三組の山田君が、水島さんと一緒に帰ってたってるところ、見ちゃったんだけど」

「ああ、なんか最近、付き合い始めたみたいだね」

「え、あんた知ってたの?」

「まあ、風の噂で聞いただけだけど……」

「そう……。しかもその二人、自転車で二人乗りしてたんだよ。山田君がこいでる自転車の荷台に水島さんが乗って」

「掴まってた?」

「え?」

「いや、だから、ちゃんと掴まってたのかって聞いてるんだよ。水島さんが山田の腰に」

「いやいや、そんなところまで見てないよ。だって私、二人が付き合ってること自体知らなかったんだから。二人が仲良く二人乗りしてるって事実だけで、もう頭真っ白だよ」

「あれ、お前山田のこと好きだったんだっけ?」

「はあー、好きじゃないし。ていうかあんたが水島さんのことずっと好きだって、私に相談してたんじゃない!」

「ああ、そうだった。それじゃ尚更ちゃんと見といてくれよ。腰に手を回しているかどうかは重要だぞ。それで二人の関係が、どこまで進んでいるのかがよくわかるんだから」

「……そう、だよね。このこと、本当はあんたに伝えるべきか迷ってたんだけど、もう知ってたなら、私も冷静になってちゃんと見ておけば良かったかも」

「お前さ、視力だけは良いんだから、そのところちゃんと見といてくれよ」

「だけは、余計」

「お前も誰かに恋してるのか?」

「え、なんで急に?」

「だって恋は盲目っていうだろ」

「それは喩えであって、その好きな人ばかりに気を取られちゃって、他のことに意識が向かなくなっちゃうことを言うんだよ。だから、私は別に……」

「良かった」

「え、何が?」

「俺は今、ちょっと目の前が真っ白だよ」

「まあ、そうりゃそうだよね。好きな人に彼氏ができちゃったんだから」

「いや、そうじゃなくて……お前が眩しく見えて困ってるんだ」