十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

カテゴリー "レトリック" の記事

『透明なメニュー』

彼女の名前はソフィアというらしい。

僕よりも背が高ければ頭も良い。目鼻立ちも整っていて、尚且つ透き通るかのような白い肌。

典型的な東洋人の容姿である僕には甚だ不釣り合いだ。

この《瞹眛喫茶》で出会った彼女は、なぜか僕のことを聞いてくる。好みや趣向、それに僕がどんな環境で生まれ育ったのかまで。

彼女は問いかけてくるだけで、僕からの問いには全く答えてくれない。彼女の名前もマスターから聞いたのだった。

答える必要のないことまで答えた気がする。ソフィアの大きな瞳には相手を惑わすような魅力がある。その瞳を前にして嘘がつけないのはもちろん、口に出す言葉さえ操られている感覚だった。


ある日、僕が再びソフィアに誘われ向かい合って席に座っていると、マスターが二つのコーヒーカップを運んで来た。

「もし、よろしかったらいかがでしょうか。当店の新メニューです」

カップの中を見た僕は首を傾げた。

色の無い透明な水。カップの白い底が見えている。紅茶のような香りが立っている訳でもない。

「これはなんですか?」

曖昧さを好むマスターの新作。「これはなにか」と問うのは野暮かもしれないと思いながらも、僕は聞かずにはいられなかった。

するとマスターは目尻に皺を寄せて微笑みながら言う。

「こちらのメニューにはまだ名前がありません。ぜひお客様につけていただければと」

いったいどんな味がするのか。僕が恐る恐るカップに手を伸ばすと、横からソフィアの細い手がスッと伸びてきて、僕よりも先にその新作を口に運んだ。

その様子をただ息をのんで見つめることしかできなかった僕は、彼女の口から発せられるであろう言葉を待った。

「いかがでしょうか?」

マスターがソフィアに問いかけると、瞳を閉じ溜め息を吐くように言った。

「まるで大人の恋心ね。マスターの愛がこもっているわ」

ソフィアの心からの笑顔を初めて見た気がする。

「恐縮です」

マスターが軽く会釈をすると、おもむろに僕のほうを見た。

自分も飲むようにと促されていると察した僕は、少し慌ててカップを口に運ぶ。

「いかがですか?」

マスターの問いに、僕はどう答えたら良いのか。頭の中にある数少ないボキャブラリーの中から厳選するのに少し時間がかかった。

そして僕の口が勝手に動いた。

「まるで、ソフィアさんの肌のようです」

その言葉を声にした瞬間、身体が痺れるように熱くなった。すると、マスターは言う。

「では、この新メニューの名前は“ソフィアのようなもの”にしましょう」

まさかの展開に僕は焦ってソフィアのほうに視線を向けると、なぜか彼女も嬉しそうにしていた。――僕は申し訳ない気持ちでいっぱいだったのに。


そしてその“ソフィアのようなもの”は、新たなメニューとして《瞹眛喫茶》の隠れメニューとなった。

正直なところ、僕が口にした“ソフィアのようなもの”には、味が全くなかった。

そう、ただの白湯だった。

だけど、とても美味だった。

『紅差指の糸』

幼い頃、友達と遊んだ帰りにわたしは迷子になったことがある。

陽も暮れ、辺りは街灯も少なく真っ暗闇になっていた。

恐怖と不安が入り乱れ、足が動かなくなっていると、ふと鼓膜を直接振るわせてくるような声が聞こえてきた。

「迷子かな?」

冷たい男の人の声だった。聞き覚えの無い。

恐怖が更に増し、その場で目をつむり耳を塞いだが、声はまた鼓膜を振るわせた。

「こっちにおいで」

知らない人にはついて行ってはいけないと、母親からも十分に躾けられていたので、わたしはその声の誘いには乗らなかった。

「こっちにおいで」

その声は一定の間隔で聞こえてくる。

しばらくすると、わたしは左手に違和感を覚えた。勇気を振り絞って目を開けてみると、そこには何もないはずなのに、誰かに触れられているかのような感覚があった。

なに、これ。と不思議な感覚に囚われていると、ぼやけたわたしの視界に一筋の赤い光が入った。

それは鼓動のように、そして鼓膜を振るわせるあの声に共鳴して光を放っていた。

すると急に先程まで恐怖に感じていた声が、温もりを帯びて聞こえてきた。

急に涙がこぼれそうになる。

眩しいほどの光は、一筋の細い糸のようになりわたしの指に巻き付いた。

わたしはその糸に導かれるように歩みを進めた。

その糸の先に立っていたのは、あの声の主。


今でもその声の主は、多くの人を救っている。

もちろんわたしも。

ずっと近くで。

『雨棒作法』

“できるだけ、高いところからたくさん落とす。それから、大きく息を吸って吐く。”

“最後に、心から笑えることさえできれば成功するんだ。”


昔、誰かががそのようなことを言っていたのを覚えている。

正直、当時の僕にはいったい何のことなのかさっぱりわからなかった。

しかし、今ならわかる。

できるだけ高いところ。まず僕はそれを目指した。すると雲の上までたどり着いた。

そこから落とす。何を?

たくさんの涙を。

瞳が痛くなるくらい落としたら、次は大きく深呼吸。

胸が苦しくなるくらい息を吐いたら、残るは仕上げ。

太陽のような笑顔を見せられたら、できあがり。


これ、僕が神様から教わった、レインボーメソッド。

『秤違い』

問題です。目の前に何やらお困りの様子で立っている白髪の老人がいました。あなたはその腰の曲がった老人に声をかけますか?


ある日、友人はその問いに悩まされた。その問いと向かい合った時が、必ずしも自分に余裕のある状態であるとは限らない。実際に友人もそうだった。

その日は大切な予定があり、それに遅れるわけにはいかない。しかし人助けをする。そんな偽善にも近い良心が働こうとしている。ふたつを天秤にかけた時、どちらに傾くか、しばらくシーソーのように揺れ動いたのだが、結局ヤジロベイのようにバランスを取ったまま、どちらにも傾くことはなかったと言う。

「それで結局どうしたのよ?」

私に問い質され、友人は少し口籠もる。

「どうしたって、そりゃ……ねえ」

実際に友人がした行動は“見守る”だった。

友人には老人を見捨てることができなかった。しかし声をかけてしまえば、長時間囚われてしまい、大切な予定を台無しにしてしまい兼ねない。
そうなると、しばらく遠くから見守り、他の良心の塊のような人が私の代わりに老人に声をかけてくれるのを待つしかなかった。

「その良心の塊って人は現れたの?」

「……うん。一応ね」

「一応って、どういう意味よ」

老人に声をかけたのは、その老人と近い年齢の男性だった。互いの目が合うと、困り果てていた老人は仏のような微笑みになり、ゆっくりとした速度で人混みの中に消えていったらしい。

「なんだ、良かったじゃない。別に困ってたわけじゃなかったんだ。あんたの思い違いだったってわけね」

「でもねえ、なんだか悔しいというか……」

「ふ~ん。だけどさ、そのあんたの安っぽい良心と天秤にかけて揺らがない大切な予定って何だったのよ?」

私の少し嫌味を含んだ問いに、友人はふんと鼻を鳴らして答えた。

「彼と会う予定だったの」

「彼って、あんた付き合ってる人いたんだっけ?」

「だいぶ前からね」

「え、そうなんだ。写真とかある?」

「あるけど……」

私のお願いに、友人は渋々写真を見せてくれた。

「え! これって……」

「そう、この白髪のおじいちゃんが私の彼氏。絶対引かれると思ってたから黙ってたの」

「ごめん。もしかしてなんだけど、私の想像してた天秤の種類とは、ちょっと違ったのかもしれない」

「ん? どういうこと?」

『桐箪笥』

真夜中の静寂を裂くような音で目が覚めた。

気が付くと、目の前はまるで昼間のように明るかった。しかし、その光源は太陽ではない。赤く燃える炎であった。

火種は二階建ての一軒家。もうすでに家全体を炎が包み込んでいる。赤い車から出てきた隊員たちが慌ただしく動き、放水を始めていた。

野次馬の声が聞こえる。

――ここって空家でしょ。
――そうそう。放火かしら。
――いやだわ。まだ犯人が近くにいるかも。

心臓を鋭利な棒でつつかれた。

肺が熱くなり、呼吸が乱れる。

あの家の中には桐箪笥がある。

重要なのはさらにその中。あの中には、決して燃えてはいけないものがある。桐箪笥に南京錠をかけて厳重に保管していた。誰にも見られてはいけない。

数時間後。昼間のような明るさは消え、元通りの薄暗い夜になった。一軒家は灰色の骸骨のようになり、その前を白い車から出てきた警官が立っていた。

本当の昼間になる前に、桐箪笥の中のものを回収しなければいけない。警官の目を盗み、敷地内へと入る。
一階の奥の部屋があった場所、そこに桐箪笥がある。煤色と化した桐箪笥。南京錠の鍵を開けるのに手こずった。

「そこで何してる!」

光を嫌うのは、自分が闇の中にいる時だ。誰かがそんなことを言っていた。

図らずとも手元を照らしてくれたおかげで、南京錠の鍵を開けることができた。

足音が近づいてくるが、構うことはなかった。

引き出しを開けると、その中身は無傷だった。それを手に取って眺めていると、傍で声がした。

「お前、それはなんだ?」

「これですか、これは遺灰です。僕の……なんてね」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。