十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

『王様とアルカナ』

おばあちゃんに頼まれた買い物帰りに、アルカナが近所の空き地の前を通ると、ちょうどそこで数人の同級生たちが集まっていた。

近づいて様子を窺ってみると、どうやら二人の少年が言い争っているのを、他の子達が見守っているようだった。

どんなもめごとなのかアルカナが興味を持って更に近づくと、その存在に気づいた少年の片割れが言った。

「おい、アルカナじゃないか。丁度良かった。お前に決めてもらおう」

するとその場にいた子達の視線がいっきにアルカナに集中する。アルカナが何のことかと首を傾げると、側にいた少女が言う。

「今度の町内の集まりで演劇をやるみたいなの。それで彼らのうちどちらが王様役に相応しいかでもめてるの。アルカナちゃんはどう思う?」

その彼らというのは、貴族育ちで父親は王国で仕えているというトサと、育ちは平凡だが頭がよく運動もでき容姿端麗なヨンの二人であった。

「俺のパパは国に仕えてるんだ。お金もあって高価なものだってたくさん知ってる。王様には俺の方が相応しい」とトサは言う。

「いや、王様は頭もよく運動もできるような完璧な人間にこそ相応しい。育ちなんて関係ない」とヨンも言う。

するとアルカナは悩むことなく二人に言った。

「王様なんていないわ」

その言葉に狐につままれたかのようになったトサとヨンは一呼吸おいてから反論する。

「何を言ってる。俺のパパは王様のいるお城で働いているんだとさっきも言っただろう」とトサ。

「そうだ。それに今はいるいないとかじゃなくて、どっちが王様に相応しいか聞いてるんだ」とヨン。

その反論を一蹴するかのようにアルカナは言う。

「この国には王様はいないのよ。だってあたし捜したけど見つからなかったもの。だからいないものを演じることもできないってわけ。二人には申し訳ないけど、演目から見直した方がいいわ」

アルカナが捜しても見つからないというのは、もうこの世には存在しないということ。それをこの町の人々は常識のように認知している。それは彼らも同じ。
このアルカナの言葉は二人に重く突き刺さった。

二人が肩を落として帰った後、側にいた少女がアルカナに聞いた。

「本当に王様っていないの?」

するとアルカナは微笑みながら答えた。

「さあ、わからない」

「えっ、どういうこと?」

「だって、あたし王様にあったこともなければ、捜したこともないもの」

「それじゃ、二人に嘘ついたってこと?」

「うん。あたしには二人のうちのどちらかを王様に選ぶことはしたくなかった。だから適当なことを言ったのよ」

「どうして?」

「どうしてって、あたしがどちらかを選んだところで、論争が収まるとは思えなかったから。だってあたし今、買い物途中だもの」

アルカナはそう言い残し、空き地を去って行った。その後ろ姿は、まるで女王様のように優雅だった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。