十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

『ドライフラワー』

一年ぶりに実家に帰ってきた。

二階にある自分の部屋は学生当時のまま。母がそのままの状態で残しておいてくれたようだ。物の位置は変えずに掃除は隅々まで行き届いている。

一階のリビングから笑い声が聞こえてきた。

実家には父と母、寝たきりの祖母と大学生の妹がいる。自分だけが家を出て東京で一人暮らしをしている。

部屋の中で懐かしさに浸っていると、一カ所だけ自分の記憶にはない物が存在しているのに気づいた。

学習机の上に一輪の花。ドライフラワーだった。

それを手に取り眺めてみる。そうしてようやく思い出した。この花は妹の結婚式で使われたブーケの花束の一輪だ。

結婚式はちょうど三年前、反対した両親を押し切り、妹は身内だけの小さな結婚式を強行した。

妹のためなら協力は惜しまない。自分もあらゆる面でサポートをした。

理由も別に血の繋がった兄妹だからというわけではない。家族だから当然という理由でもない。

――ただ、愛していたからだ。

このブーケの花もそういえば自分が注文したものだ。ドライフラワーとなっていたので、すぐには気づけなかった。

しかしよく見ると、その花の美しさは一年前と何も変わらない。妹も同様に。

すると、再び一階から笑い声が聞こえた。

一階に降り、リビングに向かう。父と母、寝たきりの祖母の姿はそこにはない。妹だけが変わらない笑顔で自分のことを迎えてくれた。

「ただいま」

着けっぱなしだったテレビ電源を消すと、家中が静寂に包まれた。
スポンサーサイト