十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

『桐箪笥』

真夜中の静寂を裂くような音で目が覚めた。

気が付くと、目の前はまるで昼間のように明るかった。しかし、その光源は太陽ではない。赤く燃える炎であった。

火種は二階建ての一軒家。もうすでに家全体を炎が包み込んでいる。赤い車から出てきた隊員たちが慌ただしく動き、放水を始めていた。

野次馬の声が聞こえる。

――ここって空家でしょ。
――そうそう。放火かしら。
――いやだわ。まだ犯人が近くにいるかも。

心臓を鋭利な棒でつつかれた。

肺が熱くなり、呼吸が乱れる。

あの家の中には桐箪笥がある。

重要なのはさらにその中。あの中には、決して燃えてはいけないものがある。桐箪笥に南京錠をかけて厳重に保管していた。誰にも見られてはいけない。

数時間後。昼間のような明るさは消え、元通りの薄暗い夜になった。一軒家は灰色の骸骨のようになり、その前を白い車から出てきた警官が立っていた。

本当の昼間になる前に、桐箪笥の中のものを回収しなければいけない。警官の目を盗み、敷地内へと入る。
一階の奥の部屋があった場所、そこに桐箪笥がある。煤色と化した桐箪笥。南京錠の鍵を開けるのに手こずった。

「そこで何してる!」

光を嫌うのは、自分が闇の中にいる時だ。誰かがそんなことを言っていた。

図らずとも手元を照らしてくれたおかげで、南京錠の鍵を開けることができた。

足音が近づいてくるが、構うことはなかった。

引き出しを開けると、その中身は無傷だった。それを手に取って眺めていると、傍で声がした。

「お前、それはなんだ?」

「これですか、これは遺灰です。僕の……なんてね」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。