十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

『らしく怠ける』

私の担当であるJは、実は相当な大物らしい。

Jは大手不動産会社の社長であり、とある協会の会長であったり、政治家や警察関係者の上役とも通じていて、Jの一声で国を動かすことも不可能ではないのではないかという噂があるほどだ。さらにはその資産の額が、裏にあるものも含めれば国の借金をまるごと補えるという噂まである。

それにも関わらず、Jには身内がいない。結婚をしていないだけでなく兄弟もいないのだ。要するにJの資産を引き継ぐ人間が未だに決まっていない。そのおかげでJの知り合いという多くの資産家かから学生時代の友人らが、腰を低くしてJのお見舞いに来るのだから、私としてはありがた迷惑な話だ。

Jが入院してきたのは一週間前。それから今日までの間に何人のもの年季の入った自尊心を背負った人たちを見てきた。皆、同じような言葉をJに贈り、同じような言葉でJも返していた。

患者の私情に首を突っ込むわけにもいかないのだが、どうしても気になったので私は、Jに恐る恐る尋ねてみた。

「どうして皆さん、あなたのこと《王様》って呼ぶのですか?」

すると、なぜかJは肩まで伸ばした髪の毛を掻き上げる仕草をしようとして、途中で止めた。

「なに、ただの皮肉だよ。私が普段から胡座をかいてばかりいるんじゃないかっていう噂が広まっていてな。そのせいでそんな呼称が生まれてね」

「嫌じゃ、ないんですか?」

「出所は良くないが、《王様》ていう呼称自体は響きがいいからね。それにその噂、あながち間違ってはない」

Jは不気味にほくそ笑んだかと思うと、「これは秘密だけど」と前置きをしてから言った。

「私の耳は驢馬の耳なんだ」

寓話にかけたくだらない冗談だと思った。いや、それは間違いない。しかし、髪の毛に隠された耳に、生唾を飲む込むほどの存在があるような気がしたのは、Jという存在が不気味に恍惚としていたからだろう。

そしてJは最後にこう告げた。

「惰気満々としている方が、王様としても病人としても、らしくいる気がするんだ」
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。