十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

『色眼鏡の世界』

 この世界は生きにくい。

 そう感じ始めたのは、いつからだっただろうか。

 イベント終わりのある日、私の唯一何でも話せる相手である真美に、あることを言われた。

「優子は大人っぽいよね」と。

 私はこの国の制度であれば十分に大人の年齢だ。○○ぽいという表現があったからこそ、私は真美に対して首をかしげた。

「意味わからん」

つい、素っ気ない言葉を返してしまう。

「いやいや、別に老けて見えるって訳じゃないよ。なんとなく一歩先を見据えているって感じかなあ……」

 なんとなくで言われても、しっくりとこない。それに感情がこもっていないように思えて仕方がなかった。
 だから、真美を試す意味で訊いてみた。

「それなら、そこの公園のベンチに座っている人……」

「どう思う?」

 一瞬戸惑ったが、言い直すのも面倒になったので、私はそのまま訊いた。するとしばらくの間が空いてから、真美は答えた。

「真面目な感じ。仕事にばかりで、ひと言で言うとつまらなそう」

 最後のひと言は余計な気がしたが、真美にとってつまりはそういう風に見えているということなのだろう。

 正直なところ、私には違って見えた。
 公園のベンチに腰掛けている男性。きちっとしたスーツを纏い、黒縁の眼鏡をかけ携帯電話を片手に電話をかけている。その様子から、彼がつまらない人間と思えるような要素は感じられない。むしろああいう人ほど、心の奥に人には見せない趣味趣向を持っていて、休日などはそれを楽しんでいるものではないだろうか。

 だから、何を持って人を判断するのか。それはその人それぞれで、基準というものは誰かが勝手に作り出し、それを誰かが勝手に決めてしまうものなのだ。

 特にこの世界では、その基準が曖昧だ。曖昧だからこそ良いのかもしれないが、その曖昧なもので、判断され決めつけられてしまうのは納得がいかない。

 この不条理な世界で、私は生きている。笑顔をも作らずに。

 するといつの間にかベンチに座っていた男性はいなくなっていた。辺りを見回してもどこにもいない。私たちの会話を聞かれてしまったのだろうか。

「やっぱりね」

 冷めた様子で言う真美に、私の気持ちも冷めていた。だからといって、私はまだ、真美と別れるつもりはなかった。

「もう少し第一印象で、かわいく見られるには、どうしたら良いんだろう?」

 私の悩みに、真美はあっけらかんと答えた。

「アイコン変えれば良いじゃない?」

 私のアイコンは、昔から気に入っているホラーアニメの女殺人鬼が、猟奇的な表情のものだった。

「そうなんだけど、これ気に入ってるんだよね」

 この世界、いつだって逃げ出せる。アカウント削除。そうしてしまえば、いつだって。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。