十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

『仰向けのカメ』

 釣りをしようと青年が浜辺に向かった時の話です。

 ふと海岸沿いに目をやると、小ぶりな岩が不自然な場所に転がっているのを青年は見つけました。
 その岩に近づくと、どうやらそれは岩ではなく、一匹のカメでした。しかもそのカメは、仰向けになっていたのです。
 もしかしてと、恐る恐る青年が近づくとカメが言葉を発しました。

「余計なお世話だよ」

 岩がしゃべったような低い声でした。

「すみません」

 思わず謝った青年は、カメのひっくり返った顔をのぞき込みながら聞きました。

「何かあったんですか?」

「あんたには関係ない」

 そう一蹴されると、流石の青年も言葉を返せません。

 カメはいったいどうして、このような状態でいるのでしょうか。青年は考えました。

 カメは自分の力だけでは、仰向けになることはできません。何か別の力が加わったことは間違いありませんでした。しかし、カメの周囲には現在青年しかいません。そうなると考えられるのが、海の波にさらわれひっくり返ってしまったか、あるいは誰かの手によってひっくり返されてしまったのか。

 青年は後者の可能性を考えました。もうすでに、辺りに人影はありませんでしたが、このカメはいたずらっ子の手によってひっくり返されてしまった。しかしカメもプライドが高く、「助けてほしい」と言えないでいるのだろうと。

 このプライドの高いカメをどうしたら救ってあげられるか、青年は知恵を絞りました。

「カメさんの、甲羅って重そうですよね」

「……それが、何だって言うんだ。人間のあんたなんかにわかってたまるか」

「だから今、休憩されているんじゃないんですか?」

 ふんっと鼻を鳴らすカメ。どうやら青年の考えていることで間違っていないようです。ただ、青年が色々と考えを巡らせ、カメが元通りになるためのきっかけを作ってあげようとしたのですが、カメは頑なに仰向けの状態から動こうとはしませんでした。

 そこで青年は、はっきりとカメに対して苦言を呈することにしました。

「そこまで意固地にならなくたって良いじゃないですか。確かに悪いのは僕ら人間かもしれません。でも人間の中には良い人だっている。困った時はお互い様ですよ。それに僕は見返りなんて求めませんし、ただあなたを助けたいって――」

 するとその瞬間、いつの間にか満ちてきていた海の小波にカメは襲われ、その勢いとともに、くるんとカードがめくれるように元に戻りました。

「カメだからと言ってのろまだとか、一匹じゃ何もできないとか、いじめられているんじゃないだとか。人は見た目だけで早計に判断しすぎだ。もっと物事の本質を見極められる力を身につけてから、『助けたい』と口にするべきだ」

 そう言い残して去って行くカメの甲羅は、それはとてもとても綺麗なものでした。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。