十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

「くらむ」

「……ねえ、三組の山田君が、水島さんと一緒に帰ってたってるところ、見ちゃったんだけど」

「ああ、なんか最近、付き合い始めたみたいだね」

「え、あんた知ってたの?」

「まあ、風の噂で聞いただけだけど……」

「そう……。しかもその二人、自転車で二人乗りしてたんだよ。山田君がこいでる自転車の荷台に水島さんが乗って」

「掴まってた?」

「え?」

「いや、だから、ちゃんと掴まってたのかって聞いてるんだよ。水島さんが山田の腰に」

「いやいや、そんなところまで見てないよ。だって私、二人が付き合ってること自体知らなかったんだから。二人が仲良く二人乗りしてるって事実だけで、もう頭真っ白だよ」

「あれ、お前山田のこと好きだったんだっけ?」

「はあー、好きじゃないし。ていうかあんたが水島さんのことずっと好きだって、私に相談してたんじゃない!」

「ああ、そうだった。それじゃ尚更ちゃんと見といてくれよ。腰に手を回しているかどうかは重要だぞ。それで二人の関係が、どこまで進んでいるのかがよくわかるんだから」

「……そう、だよね。このこと、本当はあんたに伝えるべきか迷ってたんだけど、もう知ってたなら、私も冷静になってちゃんと見ておけば良かったかも」

「お前さ、視力だけは良いんだから、そのところちゃんと見といてくれよ」

「だけは、余計」

「お前も誰かに恋してるのか?」

「え、なんで急に?」

「だって恋は盲目っていうだろ」

「それは喩えであって、その好きな人ばかりに気を取られちゃって、他のことに意識が向かなくなっちゃうことを言うんだよ。だから、私は別に……」

「良かった」

「え、何が?」

「俺は今、ちょっと目の前が真っ白だよ」

「まあ、そうりゃそうだよね。好きな人に彼氏ができちゃったんだから」

「いや、そうじゃなくて……お前が眩しく見えて困ってるんだ」

スポンサーサイト