十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

『三太郎』

 さて、今回は日本昔話にある『~太郎』のオマージュです。


 とある村に三人の兄弟が住んでいました。その三兄弟に両親はおらず、三人が手分けして仕事や家事をこなしていた。しかし三人には、とても厄介なことがあったのです。
 それは、三人の名前が「太郎」と同じ名前だったのです。

 次男の太郎は他の二人のことを「お兄さん」と「弟」と呼びます。一番下、末っ子の太郎は「お兄ちゃん」と「二番目のお兄ちゃん」と、二人とも上手く使い分けていました。

 ただ、最も苦労しているのが長男の太郎です。下の二人はともに弟。「弟」や「太郎」と呼んでも、すぐにどちらを呼んだのかわからず、決まって意図した相手に声をかけられませんでした。
 そこで長男は兄弟で話し合いをすることにしました。

「いいか、お前ら。俺たち兄弟は皆“太郎”という名前だ。これは大変重要な問題である。今までお前ら二人は上手く過ごしてきたのかもしらんが、俺にとっては極めて不愉快だった。それにだ。百歩譲って俺はいい、しかし周りの人間からしたら、兄弟同じ名前というのは、実にややこしいはず。故に、俺から名前の変更案を提言する」

「え、名前を変えるだって!」と次男。

「今更、変えたら友達になんて説明すれば良いんだよ」と三男。

 どうやら、二人は名前を変えることに否定的でした。それでも長男は押し切ります。

「ええい! うるさい。もう俺の中では決めてある。大丈夫、そんなに突飛な名前にするつもりもない。まず長男である俺が“一太郎”。次男であるお前が“二太郎”。そして三男であるお前が“三太郎”だ」

「ええ、なんか俺の名前ダサいよ」と次男。

「それは単純すぎるよ。折角なら、潤とか翔とか格好いい名前にしようよ」と三男。

 わがままを言う二人に、長男は用意していた奥の手を出すことにしました。それは、村の村長に説得してもらうことでした。
 長男は二人を村長のもとに連れて行き、名前を変えたいという相談をしました。すると、村長は言ったのです。

「お主ら兄弟。生まれた時より名前が太郎というのは、デタラメじゃ」

「え!」と兄弟が声を合わせます。

「もとより、お主らは森で拾った子。名前など無かった。だから我々からしたら、全員太郎のほうが都合が良いんじゃ」

「都合が良いって……?」

 長男が思わず声を漏らすと、村長は一度咳払いをしました。

「なに、不安に思うことはない。お主らは今まで通り太郎のままで過ごしてればいい。この村に来て、面倒を見てやった恩を忘れるんじゃあないぞ」

 それから村長は、兄弟を言葉巧みに説得し家に帰しました。静かになった家で、村長はひとり呟きます。

「もうそろそろ限界じゃの。明日にでも、飼い主を探しに行くとするか」

 そんな村長の手には、バツ印のついた名簿が握られていました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。