十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

『140字小説“Ⅲ”』

 今回も過去にTwitterにて、投稿しました140字小説こと親指小説を載せていきます。
 掌編小説を書くことがメインの当ブログですが、この親指小説はその短さゆえ叙情詩的な表現になりがちな面があります。日本には短歌や俳句といった文章表現が古来から存在していますので、それらとは一線を引いて区別していきたいとは個人的に思っています。
 詩を書くなら詩として、小説なら小説をというこだわりははっきりと持っていきたい。ただ、その線引きが曖昧なのはひとつの課題でもあるのかもしれません。私自身が個人的にその違いを定義するなら、詩には感情を、小説には物語を。それらの色を強く表現して書いていければ、それぞれの魅力が出せるのだと思います。
 これはあくまでも個人的な意見です。そうできるように精進していきたいという願望を込めて。


【挨拶】
駅のホームの先に彼女はいた。何年ぶりだろう。彼女はまだ僕に気づいていない。
何て声をかけよう。「おはよう」いや「久しぶり」か。
僕を覚えているだろうか。足取りは重かった。
しかし歩み寄る僕よりも早く、特急電車が僕を追い越した。
ごめんやっぱり「さよなら」だ。

【溺愛】
私は世界で一番美しい?
そうね、付け睫毛をつけたらどうかしら。
こう?
後、ファンデも塗った方が良いわね。
これで大丈夫?
いいえ、もっと笑いなさい。笑顔が大切よ。
ふふっ。そうね、なんだか楽しくなってきたわ。
そう。貴方は私。鏡の中では世界で一番美しいんだから。

【小学】
「おっきくなったら結婚しよ」って君がクラスの女子全員に同じこと言ってたから
「あんたみたいな男は結婚なんてできないよ」って教えてあげたら
君は涙を浮かべて黙っちゃうから仕方なく
「あたしならいいよ」って言ってあげると
君は「うそだし」って捨て台詞
かわいくないな

【中学】
女子みたいな声だった君が
「太ったね」って躊躇いもなく言うから
悔しくなって「うるさい」って言い返そうとしたらなぜか涙が出てきて
私は隠したつもりだったんだけど
それを見た君が急に慌てちゃって
「ごめん」って大人みたい声で謝るから
さっきから胸が苦しいんだからな

【高校】
自転車を押す君が「持つよ」って言うので
「ありがとう」って鞄を渡そうとしたら
「違うよ」って私の体を抱えて荷台に乗せるから
「違反だぞ」って言ってやると
「軽い軽い」って笑うから
てっきり違反のことかと思ったら
「お前のことだよ」って
お互いおっきくなったなって
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。