十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

『世界とアルカナ』

 その日、町はお祭り騒ぎになっていた。
 王国で王位継承の式典が開催されていたからだ。女王様が高齢を理由に王位を退き、成人を迎えた王子ことソフィア王子が次期王となる。
 王位継承の祭典は国中で盛り上がり、すべての国民が注目する。それだけ王族は国民に崇められていた。仕事や学校は休みとなり、多くの人がお城前の広場まで足を運ぶ。新たな王の言葉をその耳で直接聞くために。

 アルカナは、その祭典の特別招待客としてお城に招かれていた。やけにきらびやかな衣装は女王様があつらえてくれたものらしい。アルカナにとっては息苦しいものだったが、口にはせず一日の我慢だと思って袖を通した。
 祭典には女祭司も招待されていた。顔なじみが傍にいるだけでも、アルカナには心が落ち着いていられた。しかし女祭司は、いつもと変わらない装いだった。
 長い廊下の窓から外を見下ろすと、すでに多くの民衆が立錐の余地もないほどに集まっていた。

「そろそろ始まるそうです」

 メイドの一人がアルカナたちを呼びに来た。女祭司と並んで向かったアルカナは予め用意された席へと腰を下ろす。その席はおそらく招待客用の席だろう。アルカナたちの他にも、肥えたお腹の老人や立派な髭の蓄えた紳士、薔薇のような花飾りを纏った淑女などが鎮座していた。
 しばらくすると、心臓を鐘で突かれたような拍手喝采が起きた。女王様がその神々しい姿を見せたからだ。その後に続いてソフィア王子も姿を見せた。普段王様は民衆の前に姿を現すことはない。だから余計騒がれる。王位継承の儀も人生でそう何度も開催されるものでもないからだ。ただ、アルカナにとっては初めて見る光景。正直これほどまでとは思わず、身を竦めてしまった。

 拍手を止めるよう壇上に立った女王様が片手を挙げると、魔法がかかったかのように一瞬で鳴り止んだ。

「皆様、本日はお忙しい中お集まりいただき誠に感謝しております。この度は王位継承の式典の開催に伴って、わたくし現女王から申し上げることはひとつ。それは、ここにいる王子、ソフィアの王としての資格が正直まだまだ身に余るものだと感じていることです。しかし、それでも本日王位継承の儀を執り行うことになった次第につきましては、当人の口から皆様にお聞かせしましょう。さて、わたくしからは――」

 女王様のお言葉は民衆を陶酔させ、拍手喝采へと自然に導いた。女王様の後に続いてソフィアが壇上に立った。その際、ほんの一瞬だけ視線をアルカナのほうに向けた。

「我が名はソフィア。本日の儀によりこの国の王となるものだ。皆のもの、先に私から述べておくことがある。私は自由主義者だ。自由こそがこの世界で最も完美である。皆もくだらぬしがらみに囚われず自由に生きて欲しい。ただし、悪事を犯すことだけは許されない。悪事を働いたものはすぐに見つけてやる。いいか、それだけは覚悟しておけ!」

 威勢良く言い放ったソフィアは拳を高々と天へと掲げた。それを見てお城の兵士たちも拳を掲げる。それに呼応するかのように躊躇っていた民衆、特に男性陣が拳を掲げ始めた。
 それを見て思わず顔を伏せたのは、アルカナだけではなかった。女王様も女祭司も同じように顔を伏せていた。まだまだ若気の至りが垣間見られた言葉だった。

 それから形式的な式典は粛々と進み、すべての行事が終わると王族関係者と招待客を招いて祝賀会が開かれた。
 会場は以前会食が催された場所だった。しかしその時よりも人も多く、息苦しい衣装もあいまってアルカナはすぐに会場から離れた個室で休むことにした。

 アルカナが一人でその部屋にいると、同じように賑やかな会場から逃げ出してきた人物がいた。

「やあ、やっぱりここにいたんだね」

「あら、これはこれは王子さま。あ、失礼もう王様でしたね」

「なんだかな。君にもそうやって襟を正されちゃうと、僕の周りは見えない壁に囲まれているみたいだ」

「自由主義のあなたにとっては、だいぶ窮屈そうね」

「そうなんだよ。やっぱり君ならわかってくれると思ってたよ」

 余計なことを言ってしまったと、アルカナは思わず口元を隠す。そんなアルカナの仕草には目もくれず、ソフィアは言葉を続ける。

「ところで話は変わるけど、サンチェスはどこに行ったかわかる?」

「どこって、会場にいたわよ。女王様の傍に立っているわ」

「そうか、やっぱり……」

ソフィアはそこまで言って口を一文字に閉じた。それから口角を上げ白い歯を見せた。

「何か楽しいことでもあったのかしら?」

 アルカナがそう尋ねると、ソフィアは悪戯を企む少年のように言った。

「君はホワイトエレファントの話は知っているかい?」

「いいえ、知らないわ」

「ホワイトエレファントはとある国では神聖の象徴として崇められていた。そこである国の王が、厄介に思っていた臣下にそのホワイトエレファントを贈ったんだ。それを受け取った臣下は、王からの授かりもであり神聖な動物を他人に譲ったり、ましてや殺すわけにもいかず育てるのだが、ゾウを育てるのは資金や苦労がかかる。そうしていつしかそのホワイトエレファントは『無用の長物』という意味の言葉になってしまったんだ」

 そこまで言うと、なぜかソフィアはアルカナの前に跪いた。

「アルカナ。君のその力、ホワイトエレファントにしてはいけない」

 慌ててアルカナはかぶりを振るう。

「いけません。国の王となるお方が、ただの小市民に対して跪くなんて」

「いいや、君はただの小市民ではない。これまでの功績、僕は町を歩きながら実際にこの耳で聞いて回ったんだ。そうしたらどうだ。アルカナちゃんに助けられたとか、アルカナちゃんは本当に頭が良い子だという話ばかりだった。あの女王様だって認めてる。そんな小市民がいるもんか」

 ソフィアの必死の訴えは、アルカナの心を揺さぶった。

「あたしに……何をしろと?」

「この国の幸せを、僕と一緒に見守って欲しい」

 今までに見たこともない表情のソフィアは、もう塵の積もった山のように大きな存在になりつつあった。
 この王様なら、この国を今まで以上に幸福感に包んでくれるかもしれないと、アルカナは自然とそう感じた。だからアルカナは次のように返事をした。

「あたしはあなたは常に見ていますからね。それでも良ければお供しましょう。ソフィア王殿」
スポンサーサイト