十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

『ウワバミロボット』

ある小さな村に、それはそれは恐ろしい大蛇がいました。
しかし、誰もその大蛇の姿を見たことがありませんでした。それもそのはず、その大蛇を見たものは皆、ぱくっと飲み込まれてしまっているのです。血痕や叫び声すら残りません。なので大蛇が通った後には、車一台分ほどの這った跡しかありませんでした。

そこで一人の猟師が大蛇退治に名乗りを上げました。そして猟師は夜中、一人で大蛇がよく現れる森の中へと向かいました。

すると早速雑木林の影に、月明かりに反射した大蛇の尾を見つけました。眠っているのでしょうか。まだ、大蛇のほうは猟師に気づいていません。
猟師は気づかれないように、ゆっくりと忍び寄ります。

だんだんと近づくに連れ、その大蛇の全貌が見えてきました。

「なんだ、これは」

何度も目をこする猟師。その目の前にいた大蛇の身体は、銀色の金属で覆われていました。

恐る恐る猟師は大蛇の身体に触れます。本物の鉄、それはまるで死んでいるかのように冷たいものでした。
すると、どこからともなく声が聞こえてきました。

「今度は何の用だ?」

その声に驚き、猟師は腰を抜かしてしまいました。しかし、すぐに答えます。

「お前が、人を襲うウワバミか!」

「いかにも。しかし、ワシは人を襲ったつもりはない。ただ、空腹を満たすために目の前にいた人間を熟したにすぎない」

「うるさい! バケモノめ!」と猟師は握りしめていた猟銃を構え、大蛇に向かって放ちました。
しかし、金属の身体を持つ大蛇には、全く猟銃の弾は効果がありません。

「ワシに楯突こうとする人間は初めてだ。皆、ワシの姿に驚いて、半べそをかいている奴らばかりだったからな」

猟師も使い物にならなくなった猟銃を投げ捨て、地べたに這いずりながら後ずさりをします。

「お、お前は、どうしてそんな身体をしているんだ?」

すると大蛇は答えます。

「ワシは人間に作られたのだ」

「人間?」

「そうだ。ただワシは未完成のまま世に放たれた。身体の中も金属でできているせいか、いくら人間を熟しても、まったく満足できないのだ」

「それじゃ、まだ飲み込まれた人間たちは、まだお前の腹の中で生きているのか?」

「さあな。ただ、吐き出すわけにはいかん。ワシは人間を飲み込んでこそ、その存在意義を成していると実感できる。そう教えられている」

わずかな希望を抱いた猟師が、まだ腹の中にいる人間を助け出す良案を思いつきました。

「なら、その存在意義を満たしてやろう。その代わり、今まで飲み込んだ人間たちを吐き出してほしい」

「なに、それは本当か?」

「ああ、もちろん」

「わかった。なら明日までに用意しろ。ただもしできなければお前を食ってやるからな」


そして翌日、猟師は約束通りに大蛇の前にやってきました。

「持ってきたのか?」

大蛇の言葉に猟師は頷きます。

「これを飲め。ただその前に、腹の中の人間を出してもらわなくては困る。これを飲んでからでは、中の人間が死んでしまうかも知れないからな」

「よし、わかった。しかしもし、ワシが満足しないものだったら、お前もろとも村の人間すべてを飲み込んでやるからな」

大蛇はそう言って、大きな口から次々と人間を吐き出していきます。そしてすべてを出し終えると、猟師が用意したポリタンクをがぶがぶ飲み始めました。
その時でした。一瞬の隙を突いて、猟師が持っていた火種を大蛇の口の中めがけて投げ込みました。

「あ、アツい! アツい!」

大蛇は瞬く間に大きな火柱となりました。そう、大蛇が飲んだのは灯油でした。

「見たかバケモノめ! 溶けてしまえ!」

すると、大蛇は最期の力を振り絞ります。

「人間め、謀ったな! くそっ、こうなったら」

大蛇はその大きな身体を素早く回転させ、森の木々を炎で包み込みました。一度広がった炎はみるみるうちに人々が住む村まで襲い、村すべてを消化させてしまいました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。