十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

『塔とアルカナ』

おばあちゃんに頼まれた買い物をした帰り、アルカナはとても気になるものを見つけて足を止めた。

前に瞑想中に見た手品師の家。外観は他の民家と変わらない。看板も何もないので、そこが手品師の家と知らなければ、誰も足を踏み入れる事はないだろう。

アルカナは吸い寄せられるかのように、家の中に入った。

「ああ、いらっしゃいませ」

声をかけてきたのは、正面のカウンターテーブルの向こう側に立っていた魔術師だった。
しかし、その手前には二人の少年が椅子に座っていた。その少年たちもアルカナの存在に気づいて振り返る。その少年たちは、以前空き地で喧嘩をしていたトサとヨンだった。

「なんだお前、ここは俺たちの秘密基地だぞ。お前が来るところじゃない」とトサ。

「そうそう。どうやってこの場所を見つけたか知らないが、お前みたいな気持ち悪いやつは来ちゃだめだ」とヨン。

汚い言葉を吐く二人に対して、アルカナも言葉を返す。

「あら、あなたたちいつの間に仲良くなったの。以前は王様になりたいとかで争っていたのに」

「うるさい、それは前のことだ。そんなことより、なんでここに来た?」

「その手品師さんに用があったの」

二人が振り返り、魔術師を見る。すると、魔術師は頭を下げた。

「すみませんお二人とも、本日のショーはこれまでということで。彼女と約束をしていたことをすっかり忘れていました」

「ちぇ」とわかりやすく機嫌を悪くした二人は、しぶしぶ家を後にした。

それを見送ったアルカナは、トサが座っていた椅子に腰を下ろし、ヨンが座っていた椅子に買い物かごを置いた。それからため息を吐くかのように言う。

「まだ、こんなことやっていらしたのね」

「ええ、まあ。それにしてもあのお二人はお知り合いで?」

「うん、同級生よ」

「なんと、同級生でしたか。やはり女性の方が賢く生きているというのは、確かなようですな」

「それは、あたしに対する皮肉かしら。それとも自分への戒め?」

ハハハッとわざとらしく笑って見せた魔術師は、なぜか身につけていた帽子と上着を脱いだ。それから手袋や蝶ネクタイまで外し、パチンと指を鳴らして薄暗かった部屋の照明を明るく点した。

その瞬間、目の間にいたはずの魔術師の姿が一転、いつか見た痩せたサンタクロースのように変わった。

「アルカナ様が、わざわざ足を運んでいただいたのですから、もう取り繕うのは止めましょう。なあに、この老いぼれにも、まだ神の思し召しに従う機会を得たということだろう」

「聞かせてくれるのかしら。あなたが塔のてっぺんから落ちてしまった理由を」

「ええ、そのつもりです」

それから魔術師は、自らが王であった時代に何が起き、その時自分が犯した過ちを淡々と話して聞かせた。その間、アルカナは相づちを打つ素振りもせず、ただじっと話す相手の目を見つめていた。

そして話の最後に言った。

「塔の頂上にあったものは、富や名誉ではない。私が欲望のままに欲していたものはなかったのです。今の女王陛下は、それを知っている。だからこそ、ああして立派になられているのです。彼女にふさわしい。私にできるのは、未来の宝を豊かにすることだけです」

それから魔術師は、一呼吸置いてから言った。

「アルカナ様なら、見ることもできるのではないですか? 塔の頂上にあるものを」

「いいえ、あたしに見えるのは実体のあるものだけ。塔のてっぺんには、秀美な女王様しか見えません」

「……それなら、よかったです」
スポンサーサイト