十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『写不真』

「ねえ、これ見てよ」と眉間に皺を寄せた彼女が一枚の写真を渡してきた。

そこには、彼女とその友達が仲良くポーズを取っている。背景はどこかの水辺だろうか。

しかしその写真を見て、僕は単純に「楽しそうだね」と言葉にすることはできなかった。それには理由がある。彼女の不穏な面持ちが隣りにあったからだ。

自分の思い出を共有したいというなら、こんなに不安げな表情はしない。渡されたこの写真に原因があるのだろうと理解できるが、いったいこれのどこにその原因があるのか。

「これその友達から送られてきたんだけど……」

送られてきた写真。彼女はこれを見てすぐにその違和感に気づいたという。僕も目を皿にして違和感を探す。

写真は、真実を写すと書いて“写真”というぐらいだ。ここに写っているものが真実だとするなら、違和感はひとつしかない。

「この君の隣りにいる友達は、本当に友達なのかい?」

そう言うと、彼女は首を傾げた。

「何言ってるの、当たり前じゃない。そこじゃないわよ。ここ。ほら、湖のところに人の足みたいな物が出てない?」

彼女はそう言って写真の一部を指さす。しかし、僕の目に映る違和感は、彼女の隣で幸せそうに写る男にしか感じなかった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。