十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

2015年05月の記事

『ゆかしい』

「わたしからあなたに、どうしても伝えたいことがあって、だけど今実際に会うのは難しいので、こうして音声だけを録音しています。

伝えたいことというのは、二つあります。

ひとつは、わたしと別れて欲しいんです。

わたしとあなたは約三年間、恋人同士としてお付き合いしてきましたが、それをもう終わりにしたいんです。

ただ、あなたも寝耳に水というほどでもないのでしょう。

ここ数ヶ月は、ほとんど恋人のような真似事はしていなかったし、更にいえば連絡したり会ったりしたことすらなかったですよね。

もうその時点でわたしたちは終わっていたんです。だけど、何の区切りもなく自然消滅だけは避けたかったので、こういう形で区切りをつけさせてもらいます。


あなたは、こんなに変わり者のわたしを、唯一心から受け入れてくれた人でした。

最初は騙されているんじゃないかとずっと疑っていました。だからいつものように初めは友達関係として、それ以上親しくならないようにと、距離を置いていました。

しかし、あなたの純粋な笑顔と真っ直ぐな言葉に魅せられて、わたしも心を許した。それからはもう、わたしはずっとあなたの虜でした。

……。

ごめんなさい。

あなたが世間体を気にする人ではないことはわかっていました。悪いのはあなたの周り。人の悪口を言うのは心苦しいけど、それだけは言わせて欲しい。

その世間体を気にする周りの人間に、あなたは動じていないように見えて本当は苦しかったのでしょう。わたしからはそう見えました。だからこれ以上あなたを苦しめたくはなかった。

根源であるわたしがあなたから離れれば、これ以上あなたを苦しめることもないでしょう。

本当に、今まで、こんなわたしのことを好きでいてくれてありがとう。そして、ごめんなさい。

最後に、もうひとつの伝えたいことを言います。

せめてあなたのお腹の中の子どもの様子が、とても気になります。欲を言えば、この手で触れて、二人の愛の存在を実感したかった。今となっては死んだ子の年を数えるようなものだけど。



伸次郎ことサトミより。それじゃあ……」
スポンサーサイト

『窮鼠、臍を噛む』

とある町に人の言葉を話すネズミがいました。

そのネズミは言葉巧みに人々を魅了し、それを珍しがる人々はビスケットやパン屑などをそのネズミに与えていました。

そのネズミが人の言葉を話すのには、ある理由がありました。


それは数ヶ月前のことです。そのネズミが餓えを晴らすためにゴミ捨て場を漁っていると、一匹の野良猫と鉢合わせしてしまいました。

どうやら互いに飢えていた様子です。しかし身体の小さなネズミに勝ち目はありません。

するとそこに一人の少女が現れました。どうやら彼女も偶然その場に居合わせたようで、ネズミと野良猫の状況を把握するのに少し時間がかかっていました。

しかしすぐにネズミの危機を察すると、少女はネズミと野良猫の間に割って入り、野良猫に対して威嚇しました。

そうすると、自分よりも身体の大きい相手に怯えたのか、野良猫は慌てて踵を返していきました。

それを見送ると、少女はネズミに対して軽く微笑み、そしてそのままその場を立ち去ろうとしました。

ネズミは何とかして少女に感謝の気持ちを伝えようとしましたが、当時は人の言葉なんて話せるわけもなく、人とコミュニケーションを取ろうという考えすらなかったのですから、なかなか良い方法が思い浮かびません。

考えているうちに少女は、足早に歩いて行ってしまいます。

それを見て焦ってしまったネズミは、慌てて少女の後を追いかけ、そのままの勢いで少女の足首に噛みついてしまいました。

「いたっ!」と少女はその場で屈みこんでしまいます。

恩を仇で返すようなことをしてしまったネズミは青ざめますが、少女はネズミに対して怒ることもなくこう言いました。

「さっきの猫にそれぐらいの勢いで噛みついてごらん。あたしにできたんだから、あの猫にだってできるよ」

少女の瞳にうっすらと涙が浮かんでいるのを見たネズミは、とてもとても後悔しました。

それからネズミは人の言葉を覚え、いつか少女に感謝と謝罪をしたいと願い、今日も人の言葉を話すのでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。