十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

カテゴリー "レトリック" の記事

『おかしな家』

 これは、初めて友達の家に遊びに行った時の話である。

 彼女の名前は『あめ』と言い、みんなから『あめちゃん』という愛称で呼ばれていた。だから、私も彼女のことは『アメちゃん』と呼んでいたのだが、今後は軽々しく、その愛称では呼べないだろう。

 あめの家は、住宅街から少し離れた場所にあり、家の周りは高い木々で囲まれ、まるでわざと見つからないように隠して建てたかのようだった。

「夢の国みたいでしょ」とあめは微笑んだが、私には不気味にも感じていた。

 まだ昼間だったから良かったものの、もし夜に遊びに行ったら、家の周りに街灯はなく、あめの住む家の窓から見える光だけしかなくなる。外から見たら、さぞ妖しい雰囲気になるだろうと想像したからだ。

 ただ、家の外観はとても綺麗で、不気味さは感じなかったが、同時に夢の国のような好奇心も沸いてはこなかった。それでも、あめは私に見せたいものがあるか何かで、とても気分が高まってるご様子。

 家の中に入った瞬間、ハチミツとキャラメルを混ぜ合わせたような香りが鼻を襲った。

「すごい…」

 思わず私がそう言葉を漏らすと、あめはニコッと悪戯に微笑む。そしてリビングに私を案内して、椅子に座って待つように言った。

 しばらくすると、キッチンの方からあめが大きな鍋を持ってきた。もうその時点で、その中身がとてもとても甘いもので作られた“何か”と言うことは、その鍋から漂う香りで容易に判断できた。

「さあ、召し上がれ!」

 オレンジ、いやパープル? もうその色を判断する色相の知識が私には無かった。それに甘い香りは、脳髄を溶かしてしまいそうなくらいにきつい。

 器に盛られた“何か”は、まるで生きてるかのように、私に訴えかけてくる。「食べちゃダメ」って。

「ごめん、ちょっとお手洗い借りても良い」

 少し考える時間がほしかった。この場をどう逃げ切るかを。

 家の中に入ってしまった時点で、そう簡単にあめも私を逃がしてはくれない。それでもあの“何か”を口にすることだけは、避けたかった。いや避けなければ命に関わるかもしれなかったのだ。

 教えてもらったトイレに向かう間、いくつかの部屋の前を通った。どの部屋からも甘い香りが漂い、しかも全て種類の違う香り、この家はお菓子で作られているのかと疑いたくなるくらいだ。
 そしてトイレの中に入った私はまず、携帯電話を取りだしたが、案の定圏外。トイレに備え付けの窓はなく密閉されている。ここまで来る間の廊下にも窓硝子のようなものは見つからなかったので、恐らくこの家の出入り口は玄関のひとつだけ。それを悟った時の絶望感は、今でも脳裏に焼き付いている。

 何一つ良案が思い浮かばないまま、私は時間の限界を感じ再びリビングに戻った。

 すると、先程まであった“何か”とあめの姿が綺麗に無くなっていた。あめの名前も呼ぶも、返事がない。不思議に感じつつも、今が最大のチャンスと思い、私はすぐに玄関へと向かった。

 扉を開け外に出ると、いつの間にか雨が降っていた。

 だけど、おかしい。

 空を見上げれば、オレンジ色の夕日も差していた。その光に反射して降る雨粒は、まるでべっこう飴のような色をしていた。

 唇に触れたその雨粒を舐めてみると、気のせいかもしれないが、ほんのり甘さを感じた記憶がある。

 私はその日以降、約20年間、あめを見ていない。彼女はいったいどこに行ってしまったのだろうか。そしてあのおかしな家は、まだあそこにあるのだろうか。

 でも、もう二度と、甘い香りに誘われないと、私は誓っていた。
スポンサーサイト

『夢に夢見る』

 今日の真崎は、少し陽気に見えた。

「なあ、知ってるか」

「いや、知らん」

「ちょっと待てって、まだ何も話してないだろ」

「お前が『知ってるか』って言って始める話は、大抵きな臭い話だからな」

 苦笑いを浮かべる真崎を尻目に、俺は書きかけの課題レポートに取りかかる。

「まあ、いいから聞いてくれ」

 慣れた様子で俺の隣の席に座った真崎は、声を細め俺だけに聞こえるように語り出した。

「○○駅の近くに自動販売機が置いてあるの知ってるだろ。その自動販売機のジュースを、左上、右下、右上、左下っていう順番に4本飲み物を買うと、おまけで1本、本来売ってないジュースが出てくるらしいんだよ」

「ただの噂だろ」

「それが本当なんだよ。おれ、昨日実際に試してみたんだから」

「暇だな」

「いいから、まだこの話には続きがあるから聞いてくれ」

 真崎はそう言うと、一度つばを飲み込んでから何か覚悟を決めたかのように真剣な顔で言った。

「そのジュース、実は寿命が延びる魔法のジュースなんだよ」

「やっぱり、そんなやつか」

「まあまあ。でもな、その魔法のジュースは必ず出てくるとは限らない。確率は二分の一。外れもあって、外れは真逆の猛毒が入ってるジュースらしい。出てきた缶のパッケージだけじゃ判断できないから、正直、実際に飲んでみないとわからないんだよ」

 そこで俺はようやく重要なことに気づいた。

「おいちょっと待て、お前さっきそれ試してみたって言ってなかったか?」

「ああ、そうだよ」

「それじゃ、お前が今生きてるって事は、魔法のジュースってやつを当てて飲んだのか?」

 すると、よくぞ聞いてくれたと言わんばかり笑みを浮かべ、真崎は胸を張った。

「そうさ。おれは魔法のジュースを飲んだのさ。これでおれは長生きできる。二分の一の賭けに勝ったんだよ」

 鼻を鳴らした真崎は、大きく自分の胸を叩いた。

 ――賭け、ねえ。

 自らの命を、そう易々と賭けられるものなのだろうか。俺は真崎の話そのものを訝しんでいた。

「何か変化はあったのか?」

 興味はないが、少しでも話に乗ってやらないと、真崎は逆にしつこくなるので、俺は敢えて前屈みになった。

「それが、風邪が治った」

「……はあ」

「いや、それだけじゃない。いつのまにか虫歯もなくなっていたし、目も少しだけ良くなったきがするんだ」

 俺は真崎に向かって手を振る。どうやら、こいつの目の前はお花畑が広がっているようだ。

 そもそも、真崎が虫歯になったと聞いたのは2年ほど前。視力だって元々2.0以上あったはず。風邪に関しても、真崎が体調を崩して寝込んでいる姿を見たことがなかった。

 結局、プラシーボ効果ってやつだろう。

 仕方なく俺は、真崎を現実世界に戻してあげることにした。

「なあ、真崎。お前が飲んだのは、他の物とは何も変わらない、ただのジュースだ。4本買ったら1本おまけがついてくるっていう自販機の設定だよ。それに余計な尾びれがついて、ただの噂として流れ出したってことだ」

 すると、真崎は人が変わったかのように、真剣な面持ちで言葉を返してきた。

「お前の話はつまらないね。どうせなら夢を見て死んだ方が、良いに決まってる。これは現実逃避じゃない。現実回避だよ。現実には限界があるが、夢は無限だ。その夢に夢見るから現実の科学者は、魔法使いに憧れるんだ」

 そう言って、真崎は席を立った。

 真崎の姿が見えなくなった頃「おれは伝説になる!」と、どこかで聞いたことあるような台詞が聞こえてきた。

『靄々傘』

「ありがとうございましたー」

 最悪だ。

 濁った水溜まりを飛び越えようとするも、失敗して靴がびしょびしょになった気分だ。

 これはコンビニでちょっと気になった雑誌を立ち読みしていた罰、なのか。

 コンビニの出入り口付近にある傘立て。そこに刺さっている傘は現在3本。1本は、ちょっと高そうな黒光りした傘。他の2本は、このコンビニでも売っていそうなビニール傘だ。しかし、その3本とも自分が持ってきた傘ではなかった。

 外は車軸を下したような雨。ついさっきまでは、まだギリギリ走って帰れば平気な程度だったのに。

 俺はふと、首を回して店内を見回す。

 レジ中の店員を除いて、店内に人は5人。スーツを着た中年の男性。若いカップル。そして母と子の親子。駐車場のないコンビニのため、残りの3本の傘は、この3組の物と考えて間違いないだろう。

 そして俺は思い出した。自分がレジに並ぶ前、若い学生風の男が会計を済ませていたことを。男の手に傘はなく、上着肩口が濡れていた。恐らく彼は、ここに来る際に雨に濡れながら入り、そして帰る際に俺の傘を差して出て行ったのだ。

 まあ、傘を差して行ったというのは憶測に過ぎない。傘を盗まれたからといって、警察に連絡しお店の防犯カメラを見せてもらい、犯人を指名手配するということまでの行動力は、俺にはなかった。

 ただ、なぜかあの学生と同じような行動を、やってしまいそうになっている自分がいた。

 正しいことは憂鬱なのに、悪いことは躊躇いもなくやってしまいそうになる。

 泣き寝入りは最善の行動なのか。罪を背負うことは、それほど重石になるのだろうか。

 こんなことで葛藤するなんて、数分前の自分は想像もしてなかっただろう。

 すると、コンビニの扉が開き先程のカップル、それに続いて母と子の親子が店を後にした。予想通り、その二組はビニール傘を差して足早に雨の中へと姿を消した。

 残る傘はあと1本。しかも簡単に触れることさえ許されないような代物。こうなってしまうと、選択肢は限られてくる。俺は渋々店内に戻ろう身体の向きを変えると、目の前にスーツを着た中年の男性が立っていた。

「一緒に入っていくかい?」

 その屈託のない笑顔に、一瞬心奪われそうになった。

 この人なら、俺の心に溜まった濁った水を、浄水器にかけて透き通ったものにしてくれるだろう。

 雨の中を傘を差して歩くその男性の後ろ姿は、とても幸せに満ち足りているように見えた。

『硝子の中の女神様』

 たとえば、彼女が神様だったとしよう。
 彼女は僕にひとつだけ願いを叶えてくれると言った。
 僕はもちろん、彼女と幸せになりたいと願った。
 でも、彼女はその願いを叶えてはくれなかった。
 理由は、神様は誰のものでもないからだって。

 それなら、僕が神様だったとしよう。
 僕は自分が叶えたい願いを、自分で叶えようとした。
 しかし彼女には、僕の願いが届かなかった。
 理由は、彼女は神様の存在を信じていなかったからだって。

 だったら、神様は他の誰かということにしよう。
 僕は「神様なんて信じない」と彼女に言った。
 彼女は「じゃ、誰に願いを叶えてもらうの?」と聞いてきた。
 僕は頭を振って、彼女の言葉に爪を立てたんだ。

「自分で叶える」って。

 すると彼女は泣いた。
 その泣き声は、いつまでも続いた。何千里も先の丘まで聞こえているんじゃないかってぐらい。僕は泣かせるつもりで言ったんじゃない。でも、本気だった。それでも彼女は子供のように泣く。泣きたいのは僕のほうなのに。

 そして彼女は僕の前から姿を消した。

 僕にとって、彼女は神様だ。彼女は今、硝子の中に入っている。僕はその神様の前で、願うのではなく、感謝を伝える。

「ありがとう。ママ」って。

『お涙頂戴お化け』

制服を着た警察官は、暗い路地裏で困り果てていた。
数分前、駐在していた交番に一本の通報が入った。少女が一人で座り込んでいると。

現場に向かうと、一人の中学生ぐらいの少女が、顔を自分の膝に埋めた状態で屈んでいた。時折、雨の中の捨て猫のように身体をビクつかせていたので、これはただ事ではないと判断し、優しく声をかけたのだった。

「君、大丈夫?」

「……あ、お巡りさん。来てくれたんですね」

「いったい何があったんだい。こんな時間にこんな所で?」

すると少女は、目線を下げ蚊の泣くような声で言った。

「母が亡くなったんです。さっき」

少女の言葉に、警察官は次になんと声をかけるべきか悩んだ。

「……そう、なんだ。でも、こんな所に一人でいたら危ないよ。君の家はどこ?」

「家に帰っても誰もいません。わたし、母と二人で暮らしてたので」

「それじゃ、親戚の方や友達は?」

すると今度は、両手で顔を覆いながら少女は言う。

「いません。母は一人っ子ですし、祖父母はとっくに亡くなっています。それに学校では虐められてるので友達なんか……」

「なら一度、交番に行こう。そこでゆっくり話を聞くから」

「だめ、動けない」

「え?」

「さっきストーカーに襲われて、だから呼んだんです」

濁流に紛れた不幸な水が彼女を襲ったようだ。警察官はとにかく彼女を保護し、心を休めてあげなければという使命感に苛まれる。

「そうか。なら僕が守ってあげるから大丈夫だよ。ほら、ここにいたらもっと危険だよ」

警察案が少女の側により、肩を支えて立ち上がらせようとした。

「いや!」

怯えたように少女は警察官の手を振り払う。これは重傷だ。慌てて警察官は、交番に残っていたもう一人の警察官に連絡を入れる。それからもう一度、少女に声をかけようした時、ふと何者かの存在に気づき振り返った。

「誰だ!」

ライトを当てると、一瞬だけ人影に反射したもののすぐに路地の角に消えてしまった。もしかしたら、少女を襲ったストーカーかも知れない。そう思った警察官は、すぐにそれを確かめようと歩き出すと少女がズボンを掴んで制止した。

「独りにしないでください」

確かに少女を一人にするのは危険だ。しかし、ストーカーを野放しにしていては、今後も彼女に危険が及ぶ。捕まえてしまえば、解決するかも知れない。

「大丈夫。すぐに戻ってくるから。それにあいつを捕まえない限り、また襲われるかも知れないだろ」

「あれは……彼氏です」

「彼氏? それじゃ、なんで彼に助けを呼ばないの?」

「彼氏がストーカーだからです」

なるほど、それなら納得がいく。しかし、そうなると彼女への不幸は、さらに嵩を増したことになる。
警察官は自分の存在を認識したことによって、少女の恋人、いやストーカーはこれ以上近づいてくることはないと判断した。

「今、あいつは私を見て逃げ出したから、今日はもうやってこないだろう。それにストーカーの身元が割れているならすぐになんとかなるよ」

「違います」

その少女の言葉に、警察官は首をかしげる。

「彼は、死んでるんです。だからあれは」

「な、何を言ってるんだい。だってさっき」

「あれはお化けです」

「お化け?」

「はい、お涙頂戴お化けって言われてます。人の涙が好物で、泣いている人の側に現れるんです」

話の路線がだんだんと怪しい方向に進んでいることに、警察官は少女の言葉に疑念を抱くようになっていた。
よくよく考えれば、今までの彼女の発言すべてに証拠はない。路地裏で一人、未成年の少女、涙を流し震えている、この要素が言葉に信憑性を与えていた。

「もしかして」と警察官が口を開こうとすると、少女は柏手を打つかのように両手をパンッと叩いた。

「ごめんなさい、お巡りさん」

その言葉を捨て台詞に少女はすっと立ち上がり、まるで親元に向かう子供のように軽い足取りで行ってしまった。

すると丁度入れ違いで、応援の警察官がやってきた。

「大丈夫ですか、先輩。何があったんですか?」

「ああ、ちょっと猫騙しにあってな」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。