十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

カテゴリー "リトルホラー" の記事

『落ちていく彼』

  2階
「それで、どうするの?」
「ファミレスで良いんじゃない。俺、好きだし」

 結局、ファミレスか。という私の表情を、彼は全く見ていない。それもいつも通りだったので、私は諦めていた。
 彼が私のことを見てくれなくなったのは、いつ頃からだったのだろうと考えてはみたが、全く思い出せなかった。

  3階
「近所のとこ?」
「うん。美味しいからね。あそこは」

 彼は楽な人生を歩んでいる。好きな時に好きなことをする。嫌な箱とからは逃げる。極力努力はしない。
 初めは私も戸惑ったけれど、慣れてしまえば何のことはない。いつの間にか彼のペースに合わせて生きていくようになった。しかし、彼を好きになった理由が、今でも思い出せない。

  4階
「そういえば、昨日はどうだったの?」
「ああ、あれはちょっと酷いよ」

 彼が酷いと言葉を漏らした理由は、私の悪戯によるものだった。
 実は昨日、彼のお弁当の袋の中に、彼が大っ嫌いな虫のおもちゃを忍ばせておいた。彼からすれば、肝を冷やす事だったろうと、想像するだけで私は笑みを浮かべていた。

  5階
「仕返しだよ」
「それにしたって僕の唯一の楽しみランチタイムが……」

 私が彼のランチタイムを台無しにした理由。それは昨日の記念日を、彼がすっぽかしたからだ。
 ランチタイムなんて毎日やってくるけど、記念日は年に一回きり。私のショックから比べれば、彼の悲しみなんて比べものにならない。それに……。

  6階
「それでも夕食は、一人で美味しいもの食べたんでしょ」
「……まあね。でも一人って言うか社長たちとだけど」

 会社の社長たちとの会食。詳細は聞いていないけれど、普段私が食べないような食べたに違いない。
 どんなお店で、どんなものを食べて飲んだのか。はっきり答えてくれないところに、本人にも後ろめたい気持ちがあるのだろう。

  7階
「はあ、私もキャビアがのった伊勢エビとか舌がとろけるようなお肉、食べてみたいなあ」
「だからまた今度、美味しいお店、連れて行ってあげるって言ってるじゃん」

 私は彼に睨みをきかせた。
 本来なら記念日のにちょっとお高いレストランで食事。という予定だったのだが、いつも通り部屋での食事になりそうだった。

  8階
「記念日は年に一度しかないんだよ。それを逃したら一年待たなきゃいけないんだよ」
「……うん、だから、ごめん」

 歯切れの悪い返事。彼の中でも反省をしてくれている様子だが、私の怒りは収まっていない。
 私は今晩、再び仕返しをするつもりだった。

  9階
「それじゃ、私の言うこと、聞いてくれる?」
「え、あっ」

 私は彼の言葉を聞くや否や、思い切り彼の背中を押した。
 彼の身体が宙を舞う。そして彼の顔が逆さまになって見えた。

  10階

「ごめんね」

  1階

 肢体をおかしな方向に曲げた彼は、地面に仰向けになっていた。

 最後の会話。
 彼にとっては何気ない日常だったのだろう。
 落ちていく彼は、なぜか笑っていた。
スポンサーサイト

『カワナイウラナイ師』

「あなたは数ヶ月後、素敵な男性と巡り会うでしょう。大丈夫、安心して。ほら、この水晶を持っていれば、あなたを救ってくれるわ」


「なるほど……。確かにあなたの波動から影を感じるわ。この影……金銭面で何かお困りではないですかね」


「このカード。月は太陽と正反対の存在でありながら、恍惚と光を放つ。それはつまり、あなたは彼の存在がなければ、光り輝くことができないの。彼の手、離しちゃダメよ」


 水晶からの覗くその瞳は、真っ暗な深淵を映し出しているようだった。

 お客は皆、誰しも心に闇を抱えている。その闇に光を点すのが私の役目。光は何だって良い。太陽のような眩しく大きいものから、豆電球のようなものまで。お客が満足すればそれで良いのだ。

 今日もまた一人、闇を抱えたお客がやってきた。

「どうされましたか?」

「……実は、死のうと思うんです」

 闇が深い。だからといって私は動揺はしない。こういった闇深いお客も時々存在する。まだ、私に頼ってきてくれただけでも救いようがあった。

「そうなのですね。それでは、あなたのお悩み、解決まで導いて差し上げましょう」

 私のひと言で、お客の瞳に小さな小さな光が点った。

「これを、あなたに差し上げます」

 米粒ほどの小さな水晶の付いた指輪。これはとても値が張るもの。だからといって高額な価格で売りつける事はしないし、極めて闇深いお客だけに見せているものではない。

 私に相談しに来たお客、全てに対して見せている。

 とはいえ、この指輪にスピリチュアルな力はない。

 だからこそ、私は指輪を見せる際、こう言葉を付け加えるのだ。

「――大切なのは、あなた心にある信念です。それは人から売っても買ってもいけない。自分自身で作り上げ、一生大切にする。この指輪には、その信念を作りだし宿す力があるのです。もう大丈夫」

 いったい何が大丈夫なのか。お客は大抵そういう顔をする。

 そこで私は微笑むのだ。微笑むと言っても実際に笑うのではない。言葉で微笑むのだ。

「これは私からの気持ちです。あなたにこれが必要だと思うからこそ、差し上げるのですよ。私は、私に相談しに来てくださる方、皆さんに幸せになってほしいと心から願っております。だから信じてください。信じる力が指輪の本来の力を発揮する原動力にもなりますよ」

 お金は闇にまみれている。

 闇は闇を引き寄せ、深淵へと引きずり込む。

 私は商売をしているつもりはない。

 ただ、闇を恋しく思うだけ。

 だからこそ、私の元を訪れるお客は後を絶たない。

『明けましての彼』

「おはよう」

 新年早々、私に目覚めの笑顔を見せてくれた彼。

 私にとって彼は、心を明るく照らすお日様のよう。

 何がいいかって、このくしゃっとなる笑顔だ。寝坊助の私をいつも笑顔で起こしてくれる。

「はい、コーヒー。そうだ、今日はご飯にする? それともトースト?」

 毎日朝食を準備してくれて、片付けや部屋の掃除、ありとあらゆる家事を全てこなしてくれる彼。私にはもったいないくらいだ。

「いつもの神社、やっぱり混んでるかな?」

 食卓に座りコーヒーの香りに酔いしれている私に、キッチンの向こうから彼は笑顔でそう言った。「そうかもね」と私も笑顔で答える。

 彼と一緒だったら何でもいい。そんな風に思わせてくれる。今の私は何不自由ない充実した生活を送っていた。これを世間では“リア充”と呼ぶのだろうか。しかし、それは意味を持たないただの言葉の暴力。嫉妬から生まれた虚勢。私は、その言葉をぶつけてくる人たちに言いたい。――ざまーみろって。

 私が彼のことを友人たちに話すと、「そんな彼氏いるわけない」とか「絵に描いたような理想的な彼は、どこで見つけたの?」とか色々聞いてくる。
 残念ながら、彼は実際に私の目の前にいる。そして彼は見つけたのではなく、作ったのだ。
 作ったと言っても、彼はロボットだったり、私の妄想の中の人物という訳でもない。実際に実在する本物の人間。

 出会った時の彼は、今の彼とは違った。私は彼を理想的な彼氏として、作り上げたのだ。

 どうやって作ったかって?

 あまり詳しくは言えないけど、ヒントは彼の心を奪うこと。脅迫したり服従させるような真似はしてはいけない。彼の心を少しずつ、でも確実に奪っていく。

「あ、これ言い忘れてたね。明けましておめでとう。これからもよろしくね」

 彼と出会って40年。彼の心を奪うのに明け暮れた毎日だった。

『告白のお礼に』

 先日は、こんな私に告白をしてくれてありがとう。好きな人に告白するって、相当結城がいるもんね。だからあなたが私に告白してくれたこと、本当に嬉しかった。
 でもね、私にとっては寝耳に水。まさかあなたに告白してもらえるなんて思ってもみなかったの。だからあの時は、すぐに返事ができなかった。嬉しさよりも驚きが多くて、頭の中が真っ白だった。悪いとは思ったのよ。でも一度、自分の中で整理してから答えを出そうって。

 思い返せば、小さいころからあなたは私に夢中だった。よくある話ね。好きな女の子に対して汚い言葉を言ったり、物を取ったりしていじめるやつ。そのせいで私はあなたのことばかり考えさせられたわ。まあ当時は、ムカつくっていう気持ちが一番だったけど。
 私も仕返しをしたのは覚えてる? ああでもあなたは鈍感だから、私の仕返しには気づいていなかったわね。消しゴムが無くなったり靴が汚れていたりしていたのは、私の仕業よ。

 それにあなたは普段から私のことを見てたでしょ。気づいていないと思ったら大間違いよ。他のみんなと一緒にいる時だって、瞬きする度に私に視線を送ってた。それに気づいていないふりをするのも大変だったんだから。だってあなたは、私と目線が合うとすぐ逸らすでしょ。私はあなたの視線が痛いほど嬉しかったのよ。あなたの視線は、ゆっくりとでも確実に私の皮膚を破いて入ってきていた。そして不思議な液を私の体内に注入するの。
 あれって何? その度に身体が熱くなるのよ。

 そんな私にあなたは告白した。あなたは自分の中に溜まっていたものを、一気に吐き出したんだから気分良いのかしら。それとも返ってこない返事にもどかしく煮えたぎっているのかしら。
 どちらにせよ、もうどうでもいいわね。

 私がこうしてあなたへの返事を封書にしたためているのは、これからもずっと残しておきたいからよ。
 どうしてかって。それは今、あなたの寝ている傍で書いているからよ。
 驚いた?
 ごめんなさい。
 告白のお礼に、これだけは置いておくわ。大切にしてね。
 かしこ 宮西静子より


 彼女からの手紙と一緒に置いてあったのは、小さく寝息を立てる彼女自身だった。

『夢を食べる彼』

 彼の言葉は具現化する。

 そんな彼との初めての出会いは、学校の教室。隣の席だった彼が私に声をかけてきたのが最初だった。私たちは互いに一目惚れ。出会ってから付き合うまでの時間は、ほとんどなかったように覚えている。
 彼は夢を語る癖があった。私との会話はほとんどが彼の夢の話。

「俺は将来、社長になってお金をたくさん稼ぐ」とか、「子供は野球チームが作れるくらい欲しい」とか、「年寄りになっても奥さんとキスしていたい」とか。

 私はそれを笑って聞いていた。当時はまだ高校生。少し先を見すぎだよと、冗談交じりに答えていた。そんな中、私はいつしか彼を応援したい気持ちでいっぱいになっていた。彼の夢は私の夢にもなっていたのだ。
 それから彼は高校を卒業してからも、真面目に努力を積み重ね、30歳を手前に起業し社長となった。これで夢をひとつ叶えたことになる。私はそのことを彼に言うと、彼は首を振った。

「いや、まだだよ。これからお金を稼がなきゃならないだろ。まだ夢の途中さ」

 彼の努力は本物だ。私の見ていないところでも、必死に努力している。

 そんな彼に触発されて、私は密かにある夢を抱きはじめていた。それはデザイナー。美大に通っていたのも、元々絵を描くのが好きだった理由でもある。彼にはまだ何も話してはいないが、事務員として働きながらも絵を描く練習はしていたのだ。
 話せばわかってもらえる。私のそんな甘い考えは、彼の言葉で一蹴された。

「君は僕を一生支えてくれればいい。それ以上は望まないよ」

 彼なりの優しさなのかもしれない。でも余計、言い出しづらくなってしまった。それでも勇気を振り絞って言ってみた。

「あの、私、デザイナーになりたいなあって……」

「デザイナー? なんだいそれは。君の夢は、僕を支えることだろ。冗談はよしてくれ」

 だめ。もっとはっきりしないと彼はわかってくれない。私の熱意を伝えないと。
 しかし、微笑みながら話す彼の次の言葉で、私の夢は彼に食べられてしまった。

「今、君が体験している世界は僕の夢の中だ。だから君は僕の思い通りに生きてくれなきゃ」

 私が思い描いていた夢は、儚くも彼の言葉によっておいしく消化されてしまった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。