十文字掌編小説ぶろぐ

べんべんとした日常に豊かな物語を。短くたって構わない。豊かなものでさえあれば。 不定期の更新です。月3回を目標に。

カテゴリー "オマージュ" の記事

『チーズはいらない』

 ご無沙汰しております、十文字です。約一ヶ月ほど更新が滞ってしまいました。すみません。
 そのためという訳ではございませんが、文字数が掌編と呼べる範囲を少し越えてしまい3000文字弱ありますが、最後までお読みいただけると幸いです。
 今回は、『チーズはどこへ消えた?』のオマージュです。



 真冬の早朝、二階建てのアパートの一室で事件起きた。
 その部屋に住む大学生の香山京介は、刺殺体で発見された。部屋は荒らされた後で、金目のものはほとんど盗まれていた。
 その状況からすれば、誰が見ても物取りの犯行で外部の者が侵入し香山を殺害。強盗殺人事件とみて間違いはないだろう。そう、初めは部下の水口も判断していた。

「先輩、これは面倒なことになりましたね」

「ああ、でも決めつけるのはまだ早い」

 初動捜査というのは、とても大切で現場の状況を元に犯人の手がかりを見つけ、事件解決の糸口を探す。その際、何かしらの見逃しのせいで、犯人を取り逃がしたり、謝って罪のない人間を疑うことに繋がってしまう。これは捜査の基本だ。
 それを先輩としてしっかりと部下に指導していかなければいけない。

「なあ、鑑識の言っていた、あれについてはどう思う?」

 私の質問に、水口は絵に描いたような惚けた顔をする。

「どうって、今回の事件とは別に関係ないんじゃないですかね」

 些細なことでも疑問に感じたら調べてみる。それが私のモットーでもあった。だからこの違和感だけは、私の刑事としての勘が何かを知らせていた。

「まあ、状況を改めて整理してみろ。
 被害者は早朝、朝食を食べていたんだろう。食卓に用意された食器なんかを見ればよくわかる。
 その最中に訪問者が現れた。被害者が疑いもなく玄関の扉を開けたところから、顔見知りの線を疑うが、宅配便や郵便局員を装えば、その線も怪しくなってくる。
 扉を開けたところで被害者は撲殺。怨恨であれば、犯人はそのまま逃走するのが定石だが、部屋中を荒らし金目のものを盗んでいるところから、窃盗の容疑も重なる。容疑者を絞るには、まだまだ時間がかかりそうだな。
 そこでだ。鑑識が話していたこと。『どうして犯人は、冷蔵庫の中まで荒らしたのか』ということだ」

 鑑識に言われてから、私も自分の目で確かめた。冷蔵庫の中が、まるで飢えに襲われた人間が荒らしたかのようにぐちゃぐちゃになっていたのだ。

「お腹が空いてたんじゃないですかね。ほら、空腹の時って、冷静な判断を失っちゃうって言うじゃないですか。だから犯人も、被害者が焼いていたパンの匂いに連れられてこの部屋まで来て、被害者を襲い空腹を満たした。そしてついでに金目のものを盗んでいった。今後の飢えを凌ぐために」

 水口の見立ては一理ある。しかし、私にはどうしてもある一点が、喉につっかえた小骨のように痛く残っていた。

「それじゃ、なんで犯人はパンに手をつけていないんだ?」

 そう、今ではすでに冷え切ってしまったトーストされたパンは、一切手つかずのまま残されていたのだ。

「気づかなかっただけ」と水口が言葉を挟もうとしたのを、私は察して先に制した。

 気づかないはずがない。なぜならトーストされたパンの漂う香りは、飢えた人間にとっては至高の賜物のはず。いわば調理されている温かな料理を目の前にして、冷えた冷蔵庫の食品を貪ることが信じられななかった。

 すると、水口が私の思考には一ミリも出てこなかった発言をしてきた。

「……チーズが、乗ってなかったからじゃ」

「チーズ?」

「はい。だって折角トーストしているパンに、何も乗せないで食べるのって変じゃないですか?」

「いや、だからといってチーズじゃなくても良くないか。それにもし、犯人が飢えていたなら、そんなこと関係ないだろう」

「でも、よく見てください。冷蔵庫の中にパンにつけるジャムやバターがないんですよ。犯人はこだわりがあったのかもしれません。パンにはチーズを乗せる。だから、チーズを探した。それでも見つからなかったから、パンを食べるのを諦めたんじゃないですか」

 だんだんと犯人像が見えてきている。そう考えれば、捜査が進んでいると思えるが、これは水口の推論に過ぎない。全く違う方向へと進んでいる可能性の方が高い気がしてならなかった。

 そもそも飢えている人間が、パンにチーズが乗っているかのどうかの判断で、口にするかしないかのこだわりを持つ意味がわからない。そう考えると、自ずと別の考えに向かう。

「それなら犯人はべつに飢えていた訳ではないというふうに考えた方が自然だ。そのこだわりと飢えでは、相反する行動だからな」

 それではなぜ、犯人は冷蔵庫の中を漁ったのか。金目のものが入ってると、考えたのか。それとも被害者に対して、食に関して恨みがあったのか。捜査は暗礁に乗りあげようとしていた。

 その時、ふと水口が独り言のように呟いた。

「チーズはいらない。チーズいらない……あ、もしかして!」

 すると、水口は部屋の奥から一枚の写真を持ってきて、私に見せてきた。

「先輩、これ見てください」

 その写真には、被害者とその恋人と思われるような女性が写っていた。その写真はすでに私も確認していて、その女性との連絡を今取っている状況だ。ただ、それを今更見せられても、私は首をかしげるだけで、水口の言いたいことの意図が伝わってはこなかった。だから聞いた。

「この女が犯人なのか?」

「ええ、その可能性は大きいですよ。だって見てください。この写真、彼女の方はとても笑顔でピースしてますけど、被害者はピースもしてないどころか、笑ってもいない。恋人と一緒の写真で、笑わないのは不自然じゃないですか?」

「いや、だからといって彼女が犯人という決定的な証拠にはならないだろ。いくら二人の関係に、いざこざがあったとしても、写真に笑顔がないからといって」

「こう考えたらどうです。彼女は自分がやったんだっていう証拠を敢えて残したんです。彼氏を殺す覚悟があった。でも、その後逃げられる自信はない。だから自分を捕まえてほしいっていうメッセージを残すパターンもあるじゃないですか。今回はそれなんですよ」

「いやいや、だからそのパターンだとしても、どこにその捕まえてほしいっていうメッセージが残されているんだ」

「写真を取る時のかけ声、先輩知ってますよね」

 私は水口のその言葉で、まさかとは思ったが、水口はそのまさかを口にした。

「『はい、チーズ』です。これは、笑顔を作る合い言葉的な言葉。この写真に笑顔がないということはつまり、チーズがないってことなんです」

 水口はまるで、素晴らしい名推理を言い終えた探偵のように鼻を鳴らした。

 時に私の勘は、間違った方向へと導くことだってある。今回もそう。結局犯人は、被害者とは一切面識のない男。強盗殺人として捕まった。
 水口の発想は、悪くなかった。だからその時も、ひとつの案として受け入れたのだが、ただ本人には敢えて言わなかったことがある。

 それは、「チーズ」というかけ声は、「ズ」と最後まで発言してしまうと、笑顔にはならない。だから笑顔にするという意味では、少し物足りなかった。

 チーズのように温めるだけで溶けてしまうような事件ならば、水口の発想は活かせるかもしれない。
スポンサーサイト

『三太郎』

 さて、今回は日本昔話にある『~太郎』のオマージュです。


 とある村に三人の兄弟が住んでいました。その三兄弟に両親はおらず、三人が手分けして仕事や家事をこなしていた。しかし三人には、とても厄介なことがあったのです。
 それは、三人の名前が「太郎」と同じ名前だったのです。

 次男の太郎は他の二人のことを「お兄さん」と「弟」と呼びます。一番下、末っ子の太郎は「お兄ちゃん」と「二番目のお兄ちゃん」と、二人とも上手く使い分けていました。

 ただ、最も苦労しているのが長男の太郎です。下の二人はともに弟。「弟」や「太郎」と呼んでも、すぐにどちらを呼んだのかわからず、決まって意図した相手に声をかけられませんでした。
 そこで長男は兄弟で話し合いをすることにしました。

「いいか、お前ら。俺たち兄弟は皆“太郎”という名前だ。これは大変重要な問題である。今までお前ら二人は上手く過ごしてきたのかもしらんが、俺にとっては極めて不愉快だった。それにだ。百歩譲って俺はいい、しかし周りの人間からしたら、兄弟同じ名前というのは、実にややこしいはず。故に、俺から名前の変更案を提言する」

「え、名前を変えるだって!」と次男。

「今更、変えたら友達になんて説明すれば良いんだよ」と三男。

 どうやら、二人は名前を変えることに否定的でした。それでも長男は押し切ります。

「ええい! うるさい。もう俺の中では決めてある。大丈夫、そんなに突飛な名前にするつもりもない。まず長男である俺が“一太郎”。次男であるお前が“二太郎”。そして三男であるお前が“三太郎”だ」

「ええ、なんか俺の名前ダサいよ」と次男。

「それは単純すぎるよ。折角なら、潤とか翔とか格好いい名前にしようよ」と三男。

 わがままを言う二人に、長男は用意していた奥の手を出すことにしました。それは、村の村長に説得してもらうことでした。
 長男は二人を村長のもとに連れて行き、名前を変えたいという相談をしました。すると、村長は言ったのです。

「お主ら兄弟。生まれた時より名前が太郎というのは、デタラメじゃ」

「え!」と兄弟が声を合わせます。

「もとより、お主らは森で拾った子。名前など無かった。だから我々からしたら、全員太郎のほうが都合が良いんじゃ」

「都合が良いって……?」

 長男が思わず声を漏らすと、村長は一度咳払いをしました。

「なに、不安に思うことはない。お主らは今まで通り太郎のままで過ごしてればいい。この村に来て、面倒を見てやった恩を忘れるんじゃあないぞ」

 それから村長は、兄弟を言葉巧みに説得し家に帰しました。静かになった家で、村長はひとり呟きます。

「もうそろそろ限界じゃの。明日にでも、飼い主を探しに行くとするか」

 そんな村長の手には、バツ印のついた名簿が握られていました。

『雨雲と満月』

 今回はイソップ寓話『北風と太陽』のオマージュです。


 太陽が沈んだとある夜空に、それはそれは大きな雨雲がやってきました。
 雨雲は今まさにその身体に溜めた雨水を降らせようとしています。そこに上から見ていた満月が声をかけました。

「ちょっといいですか、雨雲さん」

「なんだ満月。俺は忙しいんだ」

「貴方は雨を降らし、人間を濡らすけれど、それは良いことなのですか?」

「良いこと? そりゃ俺の雨がなけりゃ、人は生きていけないだろ」

「でも、貴方の雨は人を殺しはしませんか?」

「まあ、確かにな。土を削り川を氾濫させることもある。だが、それ以上に人間を救ってもいる。人間は水がなきゃ生きていけないからな。ただ、それが良いことなのかは、俺に判断はできねえな。それよりもお主は、人間に対して何かもたらしているのか?」

「わたしですか。そうですね、特に何も」

 そう語る満月は、すました顔で堂々としています。その態度に疑問を抱いた雨雲は、問い質しました。

「お主は人間に対して何もしていない。ならなぜ存在している」

「それは難しい質問ですね。それならちょっとゲームしませんか?」

「ゲームだと?」

「ええ、あそこにいる人間にしましょう。あの人間をこちらに振り向かせたほうが勝ちというゲームです」

「振り向かすだと?」

「はい。方法はどんなものでも構いません。人間がこちらを見れば。貴方からどうぞ、雨雲さん」

 その言葉に雨雲はふんと鼻を鳴らし、簡単だと言わんばかりに身体に溜まった雨粒を人間目がけて降らしました。しかしその人間は空を見ることなく傘を差してしまいました。

「残念ですね。では次はわたしの番ですので、雨を止めてもらえますか?」

 雨雲は仕方なく雨を止めると、人間の上から移動します。すると輝かしい満月の月明かりが、人間目がけて降り注ぎました。
 人間は傘を閉じて空を仰ぎます。そしてなぜかその瞳を潤わせ、ついには涙を流したのです。

 それに驚いた雨雲は言います。

「ど、どうしてあの人間はお主を見ただけで涙を流したんだ?」

 すると満月は自慢げに答えます。

「さあ、それはわかりません。ですが、あの人間はいつもわたしを見ては涙を流すのです」

「満月を見てはいけないと言われているのは女だろう。あの人間は男だ。満月を見て狼に変身するわけでもないのに、なぜだ」

「涙脆いのかもしれません。でもよく見てください。あの人間、女性のようにも見えませんか」

「ん? そうか? 俺には男に見えるが」

 それから雨雲と満月は、涙を流す人間をしばらく観察します。しかし、一度疑いを持ってしまってからはもう、その人間の姿は朧気にしか見えなくなってしまいました。

『嘘を知る子供』

今回のオマージュは、イソップ寓話『嘘をつく子供』です。


「ガオー」

着ぐるみをかぶり子供たちの相手をする。この仕事を続けてもう十年が経つ。

これまでも様々な子供たちと出会ってきたが、私にとって最も印象に残っている子供がいる。少年の名前はわからない。だけどその少年が私を変えてくれたことに間違いはない。

その日はちょうど狼の着ぐるみを着ていた。狼といってもリアルなものではなく、かわいらしい子供受けを狙ったデザインのもの。

それを見た子供は、触ってきたり一緒に写真を撮ったり、時には怖がる子供もいたが、多くは無邪気に接してくれた。

しかし、その少年は違った。私の目の前に突然現れると言ったのだ。

「嘘つきおじさん」

近頃の子供はませているといった第一印象だった。着ぐるみの中には汗だくのおじさんが入っている。その事実を承知の上で接してくる子供は、数は少ないが他にもいた。しかしその少年は違う。着ぐるみの中にいる私、いや、それ以外の何かを見つめている瞳がそこにあった。

「ねえ、おじさんはどうして嘘をついてるの?」

嘘?

私は内心首を傾げた。偽りの身を纏い、姿を変え変装しているといえばしている。ただ、偽ってはいるが、嘘をついているということとは少し違う。そういう認識だった。

私は辺りを見渡す。この少年の親らしき人物はいない。もちろんこのまま少年の問いに答えることは出来ない。契約で「ガオ―」という台詞しか話してはいけなかったからだ。
ひとまず私はその少年を避けるようにして移動する。しかし、その少年はぴったりと私の後をついて来ていた。

それがあまりにもしつこかったので、私は人気のない場所まで移動して、少年と向い合った。そして狼の頭の部分を取って見せた。

「ほら、これで満足かい? 君の言ったとおり私はおじさんだ。これでもう嘘つきとは呼ばないでおくれよ」

すると少年は被りを振って言った。

「その頭についてるものも外さなきゃだめだよ」

「……悪いが少年。私は狼おじさんだ。それはできない」

『ホシと王子さま』

今回のオマージュは『星の王子さま』です。


生意気な後輩が連れてきたのは、まさしく我々が捜し求めてきた人物だった。

「どうです先輩。これで僕も出世街道まっしぐらですかね」

子どものように微笑む後輩に対し、俺は釘を刺す。

「あまり調子に乗るな。まだこいつが犯人だとは限らんだろ」

「でも、アリバイは無いですし、動機だってあります。こいつ以外にありませんよ」

「しかしまだ、決定的な証拠がない。上のやつらもこいつが犯人で間違いないとは思っているようだが、俺は納得していない」

「何をそんなに片意地張ってるんですか? もしかして僕が犯人を捕まえてきたことに嫉妬してるんですか?」

そんなことはない。そうはっきりと言えない自分がもどかしかった。

この生意気な後輩がホシを捕まえることができたのは、単なる運が良かっただけだ。ホシが現れそうな場所を、複数の捜査員が張り込んでいた。もちろん俺も。そして、偶然後輩の張り込んでいた現場にホシが現れ捕まえた。

ホシとして捜査線上にあがった時点で、その人物を捕まえるのがいち捜査員の仕事。捕らえたホシが本当の犯人かどうか関係ない。

自分の中でホシがホシではないという疑念を抱えていても、ホシとなった者を捕まえることによって、評価は上がる。更には自信に繋がり態度が大きくなる。
この後輩はまさにそうだった。

聞いた話によれば、逃げ出したホシを追いかけて捕まえたのがこの後輩。後輩は学生時代陸上部だったこともあり、足には自信があったそうだ。あっという間に追いついて捕まえたという。

俺の忠告を紳士に受け取ることはないだろうと思いつつも、俺は言った。

「いいか。出る杭は打たれるって言うだろ。そんな態度を取っていると、上に嫌われるぞ」

後輩はへらへらと笑いながら言った。

「大丈夫っす。僕の親父、刑事部長なんで」

忘れてた。

どうやらこの王子さまは、そういう星の下に生まれたのかもしれない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。